本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



劇団四季、『ウィキッド』『リトルマーメイド』など創立70周年記念作品のラインアップ発表
劇団四季が、2023年から2024年にかけて上演する劇団創立70周年記念作品のラインアップを発表した。来年7月14日に創立70周年を迎える劇団四季。これを記念し、自由劇場では来年3月から2024年1月にかけて、ファミリーミュージカル『ジョン万次郎の夢』、ミュージカル『ジーザス・クライスト=スーパース...
別窓で開く

『みどりのマキバオー』新作制作、Blu-ray BOX映像特典に収録 原作最終話のレースを初アニメ化
7月27日発売のアニメ『みどりのマキバオー』Blu-ray BOXの映像特典に、原作コミックス最終話のレースを初アニメ化した完全新作映像が収録されることが13日、発表された。 映像特典は、皐月賞・日本ダービー・菊花賞を振り返るGIレース名勝負ロングPV(約18分)に加えて、原作コミックス最終話のレー...
別窓で開く

世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。世界史を背骨に日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した『哲学と宗教全史』が「ビジネス書大賞2020」特別賞(ビジネス教養部門)を受賞。発売3...
別窓で開く

社会、とくに欧米社会を理解するという意味で、キリスト教についての理解は欠かせません。そのキリスト教において、いま一つはっきりしていないのが、「人は死後、いつの時点で天国もしくは地獄にいくのか」という点です。新著『教養として学んでおきたい聖書』を上梓した宗教学者の中村圭志氏が解説します。死者は「終末」...
別窓で開く

世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。世界史を背骨に日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した『哲学と宗教全史』が「ビジネス書大賞2020」特別賞(ビジネス教養部門)を受賞。発売3...
別窓で開く

「ユダヤ人難民救済」中国も欲しがる樋口季一郎の偉業を正しく伝えたい
小野寺信(まこと)、樋口季一郎、藤原岩市——世界から称賛され、恐れられた3人の帝国陸軍軍人を通じて、大日本帝国のインテリジェンスの実像に迫る話題の新刊『至誠のインテリジェンス 世界が賞賛した帝国陸軍の奇跡』(小社刊)。その出版を記念して、著者の岡部伸氏と樋口季一郎の孫・樋口隆一氏(指揮者、明治学院大...
別窓で開く

世界の聖地を巡る写真集。魅惑のパワースポットをあなたの本棚へ!
 この世のものとは思えない不思議な力が漂う美しい聖地に一度は足を運んでみたいもの。海外旅行に出かけるのはまだ無理だが、情勢が落ち着いたら、ぜひ一度は訪れたい魅惑のパワースポットを1冊に閉じ込めた『世界 美しい聖地とパワースポットをめぐる旅』(パイ インターナショナル)が4月22日に発売された。ゴール...
別窓で開く

韓国外交部、イスラエル・パレスチナ事態を懸念…「緊張高める行為、自粛求める」
韓国政府は、最近のイスラエル・パレスチナ間の武力衝突が相次いで発生していることについて、懸念を表明した。韓国政府は19日、外交部(外務省に相当)報道官の論評を通して「最近、イスラエルとパレスチナの各地での暴力行為によって多数の死傷者が発生していることに対し、深い懸念を表明する」とし、「特に、ハラムシ...
別窓で開く

『ピカソ—ひらめきの原点—』パナソニック汐留美術館で開幕 イスラエル博物館のコレクションでピカソの画風の変遷をたどる
20世紀最大の画家と言われるパブロ・ピカソ。想像力と感受性の富んだピカソは、常に新しい表現を探求し、その画風を変遷させていった。その過程をイスラエル博物館が所蔵する作品で紐解いていく展覧会『イスラエル博物館所蔵ピカソ—ひらめきの原点—』が、4月9日(土)から6月19日(日)までパナソニック汐留ミュー...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。大人の教養として世界の国々を知ろうと思った時におすすめ1冊が、新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)だ。世界地図を約3...
別窓で開く



<前へ12345次へ>