本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



森保一監督続投! 過去4年間の日本代表戦績一覧 勝率69.8%は歴代最高
日本サッカー協会(JFA)は28日、森保一監督の続投を発表した。 森保監督はサンフレッチェ広島の監督などを経て、FIFAワールドカップロシア2018終了後からA代表を率いている。4年間で63試合を指揮し、41勝8分14敗で日本代表歴代トップの勝率69.8パーセントを誇っている。 FIFAワールドカッ...
別窓で開く

久保建英、待望の代表初ゴールを決めるか。様々な条件が整ったミャンマー戦は絶好のチャンス
 久保建英を語るとき、日本代表初ゴールの話題が取り上げられるようになって久しい。なぜなら、久保が代表初ゴールを決めることは、すなわち、日本代表の史上最年少ゴール記録(金田喜稔氏の19歳119日)を更新することになるからだった。 久保の日本代表デビューは、2019年6月に行なわれたエルサルバドルとの親...
別窓で開く

久保建英がコートジボワール戦で先発出場!鈴木武蔵、鎌田大地らと攻撃陣を形成
 日本代表は10月13日、コートジボワール代表との国際親善試合を、日本時間の23時45分にキックオフで戦う。 久保建英はこの試合で、先発メンバーに名を連ねたほか、鈴木武蔵、鎌田大地、伊東純也などと攻撃陣をリードする。 久保はここまでA代表では、コパ・アメリカのチリ戦で初先発を果たすと、第3戦のエクア...
別窓で開く

森保ジャパン再検証<攻撃的MF編>“三銃士”を軸に定位置争いは大混戦!長友絶賛のスピードスターには決定力も
 2018年9月に発足した森保一監督率いる日本代表は、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の戦いに突入した。その後、国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのか...
別窓で開く

森保ジャパン再検証<GK編>ポスト川島が重要テーマも欧州組の現状は… 一方で20歳新鋭の潜在能力に絶賛の声も
 2018年9月に発足した森保一監督率いる日本代表は、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の戦いに突入した。その後、国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのか...
別窓で開く


<前へ1次へ>