本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



森保一監督続投! 過去4年間の日本代表戦績一覧 勝率69.8%は歴代最高
日本サッカー協会(JFA)は28日、森保一監督の続投を発表した。 森保監督はサンフレッチェ広島の監督などを経て、FIFAワールドカップロシア2018終了後からA代表を率いている。4年間で63試合を指揮し、41勝8分14敗で日本代表歴代トップの勝率69.8パーセントを誇っている。 FIFAワールドカッ...
別窓で開く

カタールでは誰が歴史に名を刻む? C・ロナウドは記録更新へ…ワールドカップにおけるハットトリックの回顧録
ワールドカップの開幕まで10日を切り、日に日に大会ムードが高まっているが、果たして今大会はどんな選手がスタジアムを沸かすのだろうか? ? 1930年に産声を上げたワールドカップでは、第1回大会のグループステージ第2節にアメリカ代表のバート・パテナウデがパラグアイ戦でハットトリックを達成して以降、これ...
別窓で開く

代表デビューから3年、17戦目で初得点の久保建英「終わったときにいっぱい点取っていればいい」
日本代表MF久保建英(マジョルカ/スペイン)が、オンラインでのメディア対応を行った。 日本代表は10日に行われたキリンカップサッカー2022でガーナ代表と対戦し、4−1で勝利した。右インサイドハーフ(IH)で先発出場した久保は、73分に三笘薫の折り返しに合わせてチームの3点目を記録。代表17キャップ...
別窓で開く

久保建英が「企業秘密です」と意味深。誕生日でメンタル面に大きな変化が?
 日本サッカー界が、長く待ち望んだ瞬間だった。6月10日のガーナ代表戦(キリンカップサッカー準決勝)で73分、久保建英が三笘薫からのクロスに左足で合わせてゴールネットを揺らしたのだ。  2019年6月のエルサルバドル戦で日本代表デビューした久保だが、約3年間でゴールもアシストもゼロ。...
別窓で開く

停滞感が漂う久保建英。衝撃の代表デビューから間もなく3年。成長曲線を引き上げ、絶対的な戦力になれるか
 4試合が組まれた6月シリーズに向け、5月30日から千葉県内で日本代表合宿がスタートした。この日は28日(日本時間29日早朝)のチャンピオンズ・リーグ決勝にベンチ入りした南野拓実(リバプール)と、29日(30日未明)にスペイン2部最終戦・アルメリカ戦を終えた柴崎岳(レガネス)、フィテッセとのオランダ...
別窓で開く

酒井宏樹の累積警告は避けられなかったが… 森保ジャパンが総力戦へ向けて完了した“再確認”【東京五輪】
 欧州で助っ人としてプレーする選手たちと、所属クラブで重用されるJリーガーで構成される日本は、オーバーエイジ(OA)が開花前のつぼみのような集団を引率して来たフランスに成熟度の違いを見せつけた。 アマチュアからプロ草創期の代表を含めた日本のチームは、よくこういうチームに負けた。...
別窓で開く

久保建英、待望の代表初ゴールを決めるか。様々な条件が整ったミャンマー戦は絶好のチャンス
 久保建英を語るとき、日本代表初ゴールの話題が取り上げられるようになって久しい。なぜなら、久保が代表初ゴールを決めることは、すなわち、日本代表の史上最年少ゴール記録(金田喜稔氏の19歳119日)を更新することになるからだった。 久保の日本代表デビューは、2019年6月に行なわれたエルサルバドルとの親...
別窓で開く

セバスティアン・アブレウ 変わり者と呼ばれ続けて【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.001(2019年4月号)掲載]1995年のプロデビューから24年。セバスティアン・アブレウはこれまで11カ国を転々とし、所属したクラブの総数「28」はギネス世界記録に認定された。文字どおり世界を股にかけて活躍するクレイジーなストライカーは、まだ歩みを止めそうにない。...
別窓で開く

森保ジャパン再検証<攻撃的MF編>“三銃士”を軸に定位置争いは大混戦!長友絶賛のスピードスターには決定力も
 2018年9月に発足した森保一監督率いる日本代表は、2019年のアジアカップ(UAE)やコパ・アメリカ(ブラジル)を経て、2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の戦いに突入した。その後、国際Aマッチは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現在はストップしている状況にあり、今後どうなるのか...
別窓で開く


<前へ1次へ>