本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本代表、ワールドカップ初戦の審判団が決定…主審は東京五輪の日本vsフランス戦を裁いたバートン氏
国際サッカー連盟(FIFA)は21日、現地時間23日に行われるFIFAワールドカップカタール・グループE第1節・ドイツ代表vs日本代表の一戦の審判団を発表した。 主審を務めるのはエルサルバドル出身のイバン・バートン審判員。...
別窓で開く

メキシコ&アメリカがW杯出場決定 コスタリカは大陸間プレーオフへ/北中米カリブ海予選
FIFAワールドカップカタール2022北中米カリブ海予選・最終節が30日に各地で行われた。 2位アメリカ代表は勝ち点「3」差で4位につけるコスタリカ代表と対戦。本大会出場圏内となる3位に浮上するためには大量得点での勝利が必要なコスタリカ代表の前に、0−2で敗北した。勝ち点「25」で並んだものの、得失...
別窓で開く

カナダの36年ぶり本戦出場決定…アメリカは突破へ一歩前進/W杯北中米カリブ海予選
FIFAワールドカップカタール2022北中米カリブ海予選第13節が27日に各地で行われた。 首位カナダは7位ジャマイカと対戦。前半に2点をリードすると、後半にも2点を追加し、4−0で快勝した。この結果、最終節を残して3位以上が確定し、1986年のメキシコ大会以来36年ぶり2度目となる本大会出場が決定...
別窓で開く

8大会連続でのW杯出場を目指すメキシコ代表メンバーが発表
FMF(メキシコサッカー連盟)は17日、『2022 FIFAワールドカップ カタール』の北中米カリブ海最終予選に臨むメキシコ代表メンバー29名を発表した。  勝ち点21で3位に位置するメキシコ代表は、3月24日に勝ち点21で並ぶ2位のアメリカ代表とホームで、同27日には勝ち点3で最下位に沈むホンジュ...
別窓で開く

首位カナダの36年ぶり本戦出場が目前…POがかかる4位争いが熾烈に/W杯北中米カリブ海予選
2日、FIFAカタールワールドカップカタール2022北中米カリブ海予選第11節の4試合が行われた。 8チームで「3.5」の出場枠を争う北中米カリブ海予選では、カナダが現在無敗で首位をキープ。そのカナダは今節アウェイでエルサルバドルと対戦し、後半の2ゴールにより0−2で6連勝を飾った。 前節そのカナダ...
別窓で開く

<W解説>初めてではなかった、韓国テレビ局MBCによるオリンピック開会式の生中継、不適切な国紹介
韓国の地上波テレビ局MBCによる東京五輪開幕式の中継が、韓国内で大きな批判を浴びている。韓国のMBCは23日に東京オリンピック開会式を生中継。各国の選手団の入場時、画面左側に画像とテロップで国を紹介した際、ウクライナの紹介で、1986年に事故が起きたチェルノブイリ原発の写真を表示し、「平和の祭典であ...
別窓で開く


<前へ1次へ>