本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



フリー芸人だからM-1にも噛みつける! エル上田のタブーなき漫才
エル上田とデロリアン林からなる、お笑いコンビがエル・カブキ。若手では珍しく時事ネタを主とする漫才スタイルで、さまざまな賞レースで爪痕を残している。最近では、上田がラッパーのダースレイダーや、ノンフィクション作家の田崎健太のトークライブに出演するなど、活動の幅を広げている。しかし昨年、10年近く在籍し...
別窓で開く

石田ゆり子・ひかり、最強姉妹を育てた石田パパ伝説!記者を自宅に招き入れて説いた「人生論」
石田ゆり子(左)と石田ひかり(右)■ 石田ゆり子(52)と石田ひかり(50)。いま、最も輝いているアラフィフ女優姉妹に違いない。「どんな育てられ方をしたのか」と気になる人もいるのではないか。2人の父親・J氏(79)は1980年代から90年代まで放送・芸能記者の間で絶大な人気を誇った。取材に答えてくれ...
別窓で開く

「永野芽郁」「有村架純」「杏」… 専門家が選ぶ「夏ドラマ」注目作は?
 外を歩けば汗ばむ陽気に。夏到来もいよいよ、である。それに伴い、視聴率獲得に躍起のテレビ局のバトルも本番を迎える。出そろってきた各局の「夏ドラマ」の顔ぶれを眺めると、なかなか“熱い”戦いが見られそうなのである。 ***「新年で各局気合が入っている1月ドラマと並び、7月開始の夏ドラマは、面白いものが多...
別窓で開く

未来に語り継ぎたい90年代海外ドラマランキング、TOP10発表
ORICON NEWSでは、You Tubeの公式チャンネルにて『未来に語り継ぎたい90年代海外ドラマランキングTOP10』を発表。オリコン・モニターリサーチ会員の中から30代〜60代を対象にアンケート(インタネット調査)を実施。2895人の回答を集計した結果、『X-ファイル』を挙げた人が最も多く1...
別窓で開く

向井理・40歳の“振り幅”にドキッ。ドSの官能小説家とキラキラ社員を同時に
今年40歳を迎え、ますます私たちを惹きつける向井理。今年も多彩な役を演じ分け、俳優としての進化が止まりません。先クールの『婚活探偵』(テレビ東京系)ではハードボイルドを気取りながらも、女性に不慣れでぎこちなく婚活に励む探偵役で話題をさらいました。この春クールでも2本の連続ドラマに出演。...
別窓で開く

西島秀俊がラブコメ? 7月期「TBSドラマ」で永野芽郁とダブル主演へ
 アカデミー賞国際長編映画賞に輝いた「ドライブ・マイ・カー」の主演・西島秀俊(51)の連続ドラマの次回作が決まった。TBSの7月期作品で、放送枠は火曜午後10時台。永野芽郁(22)とのダブル主演となる。 世界的評価と知名度を得た西島秀俊の連ドラが、7月からTBSで放送される。若手で屈指の演技派と評判...
別窓で開く

【SMAPドラマランキング】『あすなろ白書』『砂の器』『ドク』は? それぞれのBEST3が決定
SMAPメンバーの出演ドラマ、全てわかる? 木村拓哉2年ぶりの連続ドラマ『未来への10カウント』が、テレビ朝日系にて4月14日よりスタート。大河ドラマ『青天を衝け』での徳川慶喜役が記憶に新しい草なぎ剛は、 '23年1月クールのカンテレ・フジテレビ系において『銭の戦争』『嘘の戦争』に続く復讐シリーズの...
別窓で開く

佐藤大樹、初の濃厚ラブシーンに「カラダは仕上がってます」
今回、ご紹介するのは、『liar』。男性目線と女性目線が入れ替わり展開する、新感覚の恋愛ドラマです。本作で、地上波ドラマ初主演を果たした、W主演の佐藤大樹さん(EXILE/FANTASTICS)と見上愛さんにお話をうかがいました。ananweb独占のオフショットとともに、インタビューの様子をお伝えい...
別窓で開く

久慈暁子は「田中みな実モデル」、フリー転身目指す“腰かけ女子アナ”の早期退社に拍車かかる
久慈暁子アナ、田中みな実「フリー転身といえば、NHKのアナウンサーが民放に降りて帯番組のキャスターを務めるように、かつてはスキルを高めた30代、40代が満を辞して、というのが主流だったように思います。先日、日本テレビ退社を発表した桝太一アナも40歳ですからね。...
別窓で開く

黒木華、新ドラマ「ゴシップ」が“連ドラ女王”への試金石に
 女優・黒木華主演の木曜劇場「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」(フジテレビ系)が1月6日にスタートする。ドラマデビュー10周年の黒木華が満を持してフジテレビ系ドラマ初主演。“連ドラの女王”へ向けて、新たなチャレンジが始まった。...
別窓で開く


<前へ12次へ>