本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


【『正直不動産』第7話感想・考察】視聴者を沼らせる山下智久の演技の魅力!セリフのない”あのシーン”に注目
ドラマ好きなイラストレーター、ゆう。(@yamapyou)さんによるドラマコラム。2022年4月スタートのテレビドラマ『正直不動産』(NHK)の見どころや考察を連載していきます。「自業自得」「身から出た錆(さび)」といった言葉が古くからあるように、過去の自分の行いは必ずブーメランとなって自分の元へ返...
別窓で開く

「贅沢でなくても...」意外と堅実? 真栄田郷敦が語った「将来の目標」
 5月16日発売「AERA(アエラ) 5月23日号」(朝日新聞出版)の表紙は、NHKのドラマ「カナカナ」で地上波の連ドラ初主演を務める眞栄田郷敦さん。デビューして3年、さまざまな人や作品との出会いや、俳優としての意識の変化や目標を語った。 高校生まで音楽一筋、父(千葉真一)や兄(新田真剣佑)の出演作...
別窓で開く

サザンは3位。もし紅白が打ち切りなら「見たい白組歌手」ランキング
“打ち切り”報道に揺れる紅白歌合戦。『文春オンライン』記事によると、経営の合理化を図るNHKの前田晃伸会長が、周辺に紅白を“終わらせる”と話していたとNHK職員が発言しています。一方で、会長本人は「やめるとまでは言っていない」と答えたとのことです。...
別窓で開く

小泉今日子×小林聡美×安藤玉恵×夏帆 向田邦子原作、モチロンプロデュースの舞台『阿修羅のごとく』上演決定
モチロンプロデュースの舞台『阿修羅のごとく』の上演が決定した。東京公演を皮切りに、兵庫公演も上演される。『だいこんの花』(1970年)、『時間ですよ』(1971年)、『寺内貫太郎一家』(1974年)など、数々の話題作ドラマを生み出した、昭和を代表する脚本家である向田邦子。...
別窓で開く

向井理・40歳の“振り幅”にドキッ。ドSの官能小説家とキラキラ社員を同時に
今年40歳を迎え、ますます私たちを惹きつける向井理。今年も多彩な役を演じ分け、俳優としての進化が止まりません。先クールの『婚活探偵』(テレビ東京系)ではハードボイルドを気取りながらも、女性に不慣れでぎこちなく婚活に励む探偵役で話題をさらいました。この春クールでも2本の連続ドラマに出演。...
別窓で開く

小泉今日子×小林聡美×安藤玉恵×夏帆が四姉妹バトル 向田邦子『阿修羅のごとく』9月上演決定
向田邦子の名作『阿修羅のごとく』が、小泉今日子、小林聡美、安藤玉恵、夏帆を迎えて舞台化され、9月より上演されることが決定。ビジュアルが解禁された。 『だいこんの花』(1970)、『時間ですよ』(1971)、『寺内貫太郎一家』(1974)など数々の話題ドラマを生み出した、昭和を代表する脚本家・向田邦子...
別窓で開く

田中裕子「暴行シーンで涙」もプライベートは建設会社エリート社員と…【週刊実話お宝記事発掘】
田中裕子 (C)週刊実話Web華奢(きゃしゃ)なイメージの“銀幕女優”が主流だったところにテレビが普及し、「グラマー」や「ボイン」が自慢のダイナミックな“TVスター”が登場。当時の『週刊実話』は彼女たちの「太もも」に着目していた。...
別窓で開く

アナキズム研究者が説く「サボるコツ」「我慢しない生き方」 “正気の狂人”大杉栄に学べ
「『働かざる者、食うべからず』なんてクソくらえ!」──。こう気炎を上げるのがアナキズム研究者の栗原康だ。座右の銘は「働かないで、たらふく食べたい」。大正時代のアナキスト・大杉栄を敬愛してやまない高学歴“非ワーキング”プアである。人が有用性や生産性で測られてしまう資本主義社会において、労働をサボるコツ...
別窓で開く

森昌子「紅白のトリも無事つとめたわ、今年こそいい人見つけたい」【週刊実話お宝記事発掘】
森昌子 (C)週刊実話Web コンプライアンスの厳しい現代では「不倫」をしただけで犯罪者のように扱われるが、昭和の時代は実におおらか。“浮気も芸の肥やし”程度だったが、当時の人気者たちは、どんな恋愛観を持っていたのか。●昭和57年1月21日号掲載『独身人気スターの恋愛観』(3)年齢・肩書等は当時のま...
別窓で開く

美女妻アナの「イチャつき私生活」を総点検!(2)加藤綾子はルーティンを封じられ…
 昨年、御曹司の社長と結婚した加藤綾子(36)はストレスが溜まる日々を送っているという。 芸能関係者が明かす。「いまだに完全同居にはいたっていない様子で、通い婚状態だと聞いています。やはり夫が年商2000億円スーパー『ロピア』の御曹司ということで、世間のやっかみや嫉妬は根強い。...
別窓で開く


[ エリー nhk ] の関連キーワード

今日子

<前へ123456次へ>