本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「魔法のようなプレーでMVPになる!」大谷翔平が開幕戦で圧巻9奪三振の快投!現地メディアも「切れ味がいい印象」と興奮
現地時間4月7日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は「1番・投手」で、ヒューストン・アストロズとの開幕戦に先発出場した。投げては4回2/3を被安打4、9奪三振、1失点でまとめて降板。打撃では4打数無安打、1三振と自身を援護できず、チームは1-3で敗れた。...
別窓で開く

フランコ、ミッチェル、マック…ストライキの影響で大物メジャーリーガーが続々来日した95年。今年も同じことが起きる?<SLUGGER>
MLBはまだロックアウトが解決せず、開幕延期の可能性が高くなっている。もし労使交渉の影響で開幕が延期されたとすれば、1995年以来の事態。実はこの年は、なかなか決まらない開幕に業を煮やし、大物メジャーリーガーの働き場を求めて来日した。【動画】まさにメジャー級のパワー。...
別窓で開く

事前調査と10%以上の差。ボンズとクレメンスの殿堂入り落選に見え隠れする記者たちの“建前”と“本音”<SLUGGER>
現地1月25日、全米野球記者協会(BBWAA)による殿堂入り投票結果が発表された。通算541本塁打を放った“ビッグ・パピ”ことデビッド・オティーズは有資格1年目で殿堂入りを決めたのに対し、史上最多7度のMVPを誇るバリー・ボンズ、同じく史上最多7度のサイ・ヤング賞を受賞したロ...
別窓で開く

2021年の大谷翔平はベーブ・ルースを超えてMLB史上最高の選手になったのか?<SLUGGER>
「史上最高の選手」はベーブ・ルースで決まりでも、「史上最高のシーズンを送った選手」となれば話は違う。そして2021年の大谷翔平は、“史上最高論争”に入るだけの輝きを見せていたとの評価は少なくない。果たして大谷は“野球の神様”を超えたのか。歴史的価値とい...
別窓で開く


<前へ1次へ>