本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ルカは13歳の時から素晴らしい選手だった」レアル・マドリー時代の恩師が語るドンチッチの凄さ「どんな状況にも適応できる」<DUNKSHOOT>
NBAはカンファレンス・ファイナルの真っ最中だが、ヨーロッパでも今週末、ユーロリーグのファイナル・フォーが行われている。 5月19日のセミファイナルは、バルセロナ対レアル・マドリーのスペイン対決、そしてアナドルー・エフェス(トルコ)対オリンピアコス(ギリシャ)の両戦とも3点差の激戦に。...
別窓で開く

「スーパーエリートから二流になった」米識者がハーデンの“衰え”を指摘「ダンクを久しく見ていない」<DUNKSHOOT>
ジェームズ・ハーデンと言えば、トレードマークの“髭”とともに、リーグ屈指のスコアラーとしても知られる。 今年2月にブルックリン・ネッツからフィラデルフィア・セブンティシクサーズへ移籍となり、ジョエル・エンビードと強力コンビを結成している。だが、元NBA選手でアナリストのジェイ...
別窓で開く

“ネクスト・ヤニス”ジョナサン・クミンガ。靴すら買えなかった少年が“未来のMVP”と称されるまで<DUNKSHOOT>
138−96でゴールデンステイト・ウォリアーズが大勝した現地1月14日(日本時間15日、日付は以下同)のシカゴ・ブルズ戦。この試合でゲームハイの25得点をマークしたのが、ルーキーのジョナサン・クミンガだ。 その彼についてウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は「未来のMVP級の器」だと評...
別窓で開く

終始ブーイングも…オクラホマシティ凱旋のデュラントがサンダー時代を回顧。ハーデンのトレードは「クレイジー」<DUNKSHOOT>
現地時間11月14日(日本時間15日、日付は以下同)、ブルックリン・ネッツが敵地ペイコム・センターに乗り込み、オクラホマシティ・サンダーと対戦。120−96で快勝を収めた。 ここまで平均29.4点をマークし、得点王レースのトップに君臨するケビン・デュラントは、この日もフィールドゴール成功率52.9%...
別窓で開く

カーメロ、コールマンらアクの強い選手が並ぶ、シラキュース大歴代ベストメンバー!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとって“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを世界最高峰の舞台に送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別に...
別窓で開く

「選手の個性が強烈でいつも楽しかった」元アメリカ代表のヒルが1996年の五輪を回想<DUNKSHOOT>
今年4月、USAバスケットボールは東京オリンピック開幕の3か月以上も前に、ジェリー・コランジェロの後任として、マネージングディレクターにNBAレジェンドのグラント・ヒル(元デトロイト・ピストンズほか)が就任することを発表していた。 1994年のドラフト3位でピストンズから指名されたヒルは、デューク大...
別窓で開く

【欧州ドラフト候補生】セルビアで腕を磨いた“八村の後輩”やフランス産の有望ガード。2巡目候補にも逸材揃い<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日)、ブルックリンのバークレイズ・センターで開催される2021年のNBAドラフト。近年注目度が増しているヨーロッパのプロスペクトでは、スペインのウスマン・ガルバ、トルコのアルペラン・シェングンらが1巡目の指名候補に挙がっている。...
別窓で開く

【欧州ドラフト候補生チェック】ラメロ以上の強烈インパクトを残した有望株。欧州No.1プロスペクト、ロカス・ヨクバイテイス<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日)に開催される、今年のNBAドラフト。過去2シーズンはギリシャ出身のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)が、今季もセルビア人のニコラ・ヨキッチがシーズンMVPに輝いたように、ヨーロッパ出身選手の活躍が目覚ましい近年、ドラフト候補生にも将来有望な“欧州...
別窓で開く

「カイリーは独自のスタイルを持った異端児」名司令塔のトーマスが“同類”のアービングを称賛!<DUNKSHOOT>
アイザイア・トーマスと言えば、1980年代後半に“バッドボーイズ”の異名でリーグを席巻したデトロイト・ピストンズのリーダーを務めた名ポイントガード(PG)だ。優勝2回(1989、90年)、ファイナルMVP1回(90年)、オールスター出場12回、歴代9位の通算9061アシストを...
別窓で開く

後見人は“神様”ジョーダン。それゆえの苦悩と戦いながら欧州で“宝石”となったコリー・ヒギンズ物語<DUNKSHOOT>
5月28〜30日に行なわれたユーロリーグのファイナル4は、トルコのアナドール・エフェスが優勝候補のバルセロナを86−81で下し、初優勝を飾った。 ファイナル4MVPには、セミファイナルとファイナルの2試合で計50得点、11アシストを記録したセルビア代表ガードのヴァシリエ・ミチッチが受賞。...
別窓で開く


<前へ12次へ>