本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アデトクンボの弟コスタス、ブッカーの元同僚オコボーー今夏にNBA行きが期待される欧州選手【Part.2】<DUNKSHOOT>
欧州バスケットボール情報において高い評価を誇る『EUROHOOPS』。同サイトが今オフに、NBA行きの噂がある欧州で活躍中の選手10人をピックアップしている。 考慮されたのは「能力面」においてプレーが可能かという点ではなく、すでにドラフトされている、過去にNBAでプレー経験があるなど、現実的に移籍が...
別窓で開く

「ダンカンを思い出させる」カーHCがカリーを元同僚のレジェンドと比較「人間性や謙虚さが組み合わさっている」<DUNKSHOOT>
4年ぶりにNBAの頂点に立ったゴールデンステイト・ウォリアーズ。このチームの中心選手といえば、天才シューターで今年のファイナルMVPに輝いたステフィン・カリー、クイックリリースでネットを射抜くピュアシューターのクレイ・トンプソン、コートの両サイドでインパクトを残す、熱血リーダーのドレイモンド・グリー...
別窓で開く

【欧州ドラフト候補生】セルビアで腕を磨いた“八村の後輩”やフランス産の有望ガード。2巡目候補にも逸材揃い<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日)、ブルックリンのバークレイズ・センターで開催される2021年のNBAドラフト。近年注目度が増しているヨーロッパのプロスペクトでは、スペインのウスマン・ガルバ、トルコのアルペラン・シェングンらが1巡目の指名候補に挙がっている。...
別窓で開く

【欧州ドラフト候補生チェック】ラメロ以上の強烈インパクトを残した有望株。欧州No.1プロスペクト、ロカス・ヨクバイテイス<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日)に開催される、今年のNBAドラフト。過去2シーズンはギリシャ出身のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)が、今季もセルビア人のニコラ・ヨキッチがシーズンMVPに輝いたように、ヨーロッパ出身選手の活躍が目覚ましい近年、ドラフト候補生にも将来有望な“欧州...
別窓で開く

八村塁やストックトンからの学びを胸に。初の全米制覇を目指すゴンザガ大、ジョエル・アヤイの成長記〈DUNKSHOOT〉
現地3月18日、アメリカの大学バスケ界最大のイベント、NCAAトーナメントが開幕した。 優勝候補に挙がっているのは、ウエストコースト・カンファレンス(WCC)王者で、シーズン26戦に全勝している八村塁の母校、ゴンザガ大学だ。八村が1年生だった2017年には準優勝とあと一歩まで迫ったが、同大の歴史でま...
別窓で開く

NBAでの2度の優勝を経て、欧州屈指のプレーヤーとなったノリス・コールの物語
6月3日(日本時間4日、日付は以下同)、トニー・パーカー(元サンアントニオ・スパーズほか)が会長を務めるフランスリーグのアスヴェルは、かつてマイアミ・ヒートでレブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)らとともに2度のNBAチャンピオンを勝ち取ったポイントガード(PG)、ノリス・コールと2年契...
別窓で開く

NBA引退後は母国クラブの経営者に。第2のキャリアへ踏み出したトニー・パーカーの野望とは
世界一の競技人口を誇るバスケットボール。その最高峰リーグであるNBAには世界中から優れたプレーヤーが集結し、特に2000年代以降は外国籍選手の数も飛躍的に増加した。では、NBAで活躍した欧州プレーヤーたちはその後、どのようなキャリアをたどっているのか。第一線を退いた彼らの今をシリーズで紹介しよう。...
別窓で開く


<前へ1次へ>