本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本で「スシロー」の名を知らない人はいないだろう。ただ、スシローを傘下に持つFOOD&LIFE COMPANIESが売上高1兆円の目標を掲げ、本格的な世界進出を狙っていることを知る人は少ないのではないか。ましてプロ社長、水留浩一の手腕や実像はあまり知られていない。令和の日本は企業業績の低迷、給与の伸...
別窓で開く

大谷翔平が覆した野球界の常識。日米で続出する"二刀流"挑戦者
12月1日、ユーキャン新語・流行語大賞が発表され、「リアル二刀流/ショータイム」が年間大賞を受賞した。実際に流行語と言えるほど「リアル二刀流」「ショータイム」は頻繁に使うフレーズだったか?という問題はさておき、大谷の活躍によって「二刀流」は野球界ですっかり市民権を得た感がある。大谷の影響は多方面に及...
別窓で開く

拘置所内には“確定死刑囚”の“心を支える貴重な場所”がある…日本人のほとんどが知らない“死刑囚のリアルな暮らし”
 世論調査では日本国民の8割が死刑制度に「賛成」という結果が出ている。一方で、死刑の詳細は法務省によって徹底的に伏せられ、国民は実態を知らずに是非を判断させられていると指摘する有識者も少なくない。 その一人が共同通信社で編集委員兼論説委員を務める佐藤大介氏だ。ここでは、同氏の著書『 ルポ死刑 法務省...
別窓で開く

部内騒然 共同通信の若手記者が連続退職 原因の大半は“エリート上司”の言動
 国内最大の通信社、共同通信で〈非常事態〉が起きている——。 舞台は、同社の国際局海外部。政治部や社会部などの「一般記者」とは異なる「英文記者」ら約60名が所属している。海外大学出身者や帰国子女の記者も多い部署だ。「海外部の記者は独自に政治、経済などを取材して外国語で記事を執筆しています。通常の日本...
別窓で開く

「4つに分断する」アメリカ社会
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(8月13日放送)に外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦がリモートで出演。アメリカ社会の分断について解説した。3日、米ホワイトハウスで演説するバイデン大統領(ロイター=共同)=2021年8月3日 写真提供:共同通信社アメリカ社会の分断ここでは1年5ヵ月...
別窓で開く

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/ケガから復帰2戦目の平原に勝機
【「富山記念」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】◎平原康多/○浅井康太/▲取鳥雄吾/△高橋晋也/稲垣裕之/山崎芳仁/柏野智典/岩本俊介/柿澤大貴/稲毛健太/竹内雄作/黒沢征治 落車した翌日に好走できるのは、卓越したプロ根性の賜物でもある。「富山記念」(7月23日【金】〜26日【月】)...
別窓で開く

【名馬列伝】ナリタブライアンはどれだけ”強かった”のか?「シャドーロールの怪物」が歩んだ”かなり異質”な三冠への道のり
これまでクラシック三冠馬は8頭いるが、筆者が直に観たことがないセントライト(1941年)とシンザン(1964年)を除いた6頭のなかで一番強い勝ち方をしたのは、無敗で制覇したシンボリルドルフでもディープインパクトでもコントレイルでもなく、間違いなくナリタブライアンだったと今も確信している。 たとえば、...
別窓で開く

新型コロナ対策で日本は「太平洋戦争の教訓を生かしきれず」?
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「総力戦研究所の教訓」です。空気に流されず、科学的根拠に基づいた政策を。80年前の12月に太平洋戦争は始まりました。ところが開戦の年の4月に当時の帝国政府は「総力戦研究所」を立ち上げ、日米開戦...
別窓で開く

菅総理が前向き「東京五輪での北朝鮮高官との会談」と朴智元国家情報院長の存在
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月26日放送)にテレビ東京 政治部・官邸キャップの篠原裕明が出演。北朝鮮の駐クウェート大使代理が韓国に亡命したニュースについて解説した。...
別窓で開く

GAFAを反トラスト法違反で調査〜共同勢力にどこまでバイデン政権が踏み込めるのか
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月22日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。アメリカ司法省と連邦取引委員会(FTC)がGAFAを反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで調査しているというニュースについて解説した。...
別窓で開く


<前へ12次へ>