本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ピアジェが新作スパイ・アクション映画「355」とのウォッチ&ジュエリーパートナーシップを発表
ピアジェは、これまで50年以上に渡りエンターテインメント業界との関係を築いてきました。映画スターやセレブティの間で圧倒的な存在感を放つウォッチ&ジュエリーメゾンとして名声を確立したピアジェは長年に渡りインディペンデント・スピリット賞のパートナーを務め、クリエイティブな才能にあふれる人材をサポートする...
別窓で開く

実は「きょうだいが多い」と知って驚く有名人ランキング! 2位の小野伸二選手は10人、3位のボビー・オロゴンは34人! 1位は両親の再婚できょうだいが11人いる女優!
 少子化が問題となって久しい日本。現在では1人っ子が増え、きょうだいが居ても2人きょうだいが多くなっています。3世代同居や、おじ・おばが同居するような大家族も減り、日常で大家族に接することは非常に珍しくなりました。  とはいえ、調べてみると実は大家族で育った有名人が意外...
別窓で開く

ロイヤル・菊地会長「過去の延長に未来はない」と決めた覚悟 「おいしい経済」楠本修二郎とロイヤルホールディングス菊地唯夫が語る「外食の希望」
新型コロナウイルスは多くの業界に「変化」を迫った。なかでももっとも強い影響を受けたのが外食産業だった。果たしてどう対応したのか。WIRED CAFEの運営をはじめとしてカフェ・カルチャーをけん引してきたカフェ・カンパニー代表の楠本修二郎氏と、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」などを運営するロイヤ...
別窓で開く

〈知の巨人・トッド語る〉“老人支配国家”日本は韓国よりマシだが、中国と同じくらいやばい
 今回の新型コロナウイルスのパンデミックは、歴史の流れに何か新しい変化を加えたわけではない、と私は見ています。しかし一種の“スキャナー”のように、世界各国の状況を浮き彫りにする役割を果たしました。 まず見過ごすべきでないのは「世代間の問題」です。...
別窓で開く

「今年はどんな年になるのだろうか?」という予想を毎年書いている。昨年の予想を読み返してみたが、コロナ禍も2年目ということで状況もわかってきており、幸い大きく外れたものはなかったようだ。ここでは、最近考えていることをざっと紹介しておきたい。[参考記事]●[2021年の予想]アメリカは「左派ポピュリズム...
別窓で開く

大坂、土居、ダニエルが全豪前哨戦で2回戦進出!【1月1日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
1月1日から今季のツアーが始まり、1週目は男女とも3大会ずつ開催されている。 日本人男子選手は、西岡良仁と予選を突破したダニエル太郎が「アデレード国際1」に出場し、西岡は1回戦で第8シードのクォン・スンウ(韓国)に敗退。ダニエルはロレンツォ・ムゼッティに競り勝ち、2回戦はイリ・ベセリー(チェコ)とト...
別窓で開く

キヤノン創業者「御手洗毅」は産婦人科医 打倒「ライカ」で見せた「メイド・イン・ジャパン」の意地
 御手洗毅は1942(昭和17)年9月、精機光学工業(キヤノンカメラを経て現・キヤノン)の初代社長に就いた。(敬称略。全2回の1回目/後編に続く) *** 当時、主力製品は35ミリの高級カメラだったが、戦時中は高級品が売れず、日本光学(現・ニコン)の下請けの仕事で細々と食いつないでいた。 その就任式...
別窓で開く

「新五輪世代」の若者たちが経済社会でも金メダルを取れる日がくるのか?
OECD(経済協力開発機構)の調査によると、2019年の各国の平均年収はアメリカ65,836ドル、ドイツ53,638ドル、韓国42,285ドル。日本は38,617ドルで韓国より少なくなっています。かつて「ジャパンアズナンバーワン」と謳われた栄光はどこへ行ったのか? 景気回復こそが“国守り”の道だと唱...
別窓で開く

平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識”——2021年BEST5
2021年(1月〜12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。シェア部門の第5位は、こちら!(初公開日 2021年3月4日)。*  *  *「日本は世界でもトップクラスの豊かな先進国である」というのは、多くの日本人にとって当たり前の話だった。 だがその常識は近年、音をたてて崩...
別窓で開く

日本が“無謀にも”米軍と開戦した理由に迫る 日本陸軍・謀略機関の「極秘報告書」を発掘
 今年の12月8日は、日本軍の真珠湾攻撃から80年の節目に当たる。なぜ日本は大国・アメリカに戦いを挑んだのか。慶應義塾大学経済学部の牧野邦昭教授が、当時の陸軍内部の「謀略機関」極秘報告書を発掘。その分析を通し、無謀な開戦に突き進んだ「謎」に迫った。...
別窓で開く