本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本企業の“加齢問題”とは? なぜ米国企業は“年を取らない”のか
■「野生化」するイノベーションにどう向き合えばいいか——清水洋(早稲田大学商学学術院教授)【佐藤優の頂上対決】 長らく停滞の続く日本経済にあって、どの企業も躍起になって取り組んでいるのが、イノベーションの創出である。それには確実な方法がないものの、起こしやすい環境はわかっている。典型はヒト・モノ・カ...
別窓で開く

「寝そべっているのはいいことだ、寝そべっているのは素晴らしい、寝そべるのは正しい、寝そべっていれば倒れることもない」 2021年6月、中国でジャン・シンミンという36歳の男性がソファに寝転び、ギターを爪弾きながら歌う動画が削除された 。 それに先立つ同年4月、大手ポータルサイトの掲示板に「食事は1日...
別窓で開く

スタンフォード大学・オンラインハイスクールはオンラインにもかかわらず、全米トップ10の常連で、2020年は全米の大学進学校1位となった。世界最高峰の中1から高3の天才児、計900人(30ヵ国)がリアルタイムのオンラインセミナーで学んでいる。そのトップがオンライン教育の世界的リーダーでもある星友啓校長...
別窓で開く

ロシア革命からつながるアメリカ民主党の社会主義化路線に迫る
国際社会の基本的な構造はロシア革命から始まっていた。バイデンが大統領になったらアメリカの政策がどう変わるかといった議論に意味はなく、注目すべきは副大統領のカマラ・ハリスである。元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏と前ロンドン支局長の岡部伸氏が、近現代史やインテリジェンスを交え真実の世界の姿を炙り出す。...
別窓で開く

日本は「一度レールを外れると再起不能」は本当か
「日本は一度レールを外れると再起不能、負け犬に厳しい社会」という声は依然として多いと感じます。しかし、世界を俯瞰すると、これは必ずしも正しい主張とはいえないのではないでしょうか。筆者はこの逆が正しいと考えています。つまり、「日本はレールを外れても、やり直せる社会」ということです。...
別窓で開く

子どもに教えたい! 外国語教育を中途半端にしない方法
アメリカ・ニューヨーク出身でスタンフォード大学助教授を経て東京大学に着任し、同大学名誉教授になったロバート・ゲラーさん。1984年の来日以来、人生の半分を日本で過ごしています。その間に見た「ニッポン」は、科学者として、また一個人としても見過ごせない問題がそのまま放置されている国でした。...
別窓で開く

やっぱり学歴は必要?京大院卒「凡人にはあったほうがいい」、東大院卒「トップ層の中で見れば低学歴。後悔はある」
就職採用における予備選考で、学歴を基準にする会社は多そうだ。こうした理由から学歴が必要と感じている人もいる。キャリコネニュース読者からは「なんだかんだ言って学歴フィルターや、学閥による入職のしやすさなど見えないつながりがある。特に難関校はその傾向が強い。そもそも学歴不要論を言っている人の大半は高学歴...
別窓で開く


<前へ1次へ>