本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



バイデン大統領が習近平国家主席に差し出した「友好的な握手」が表す意味
経済アナリストのジョセフ・クラフトが11月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。インドネシアのバリ島で行われた米中首脳会談について解説した。インドネシアのバリ島で、握手する中国の習近平国家主席(左)とバイデン米大統領=2022年11月14日 (ロイター=共同) 写真提供:...
別窓で開く

「3期目おめでとう」となるのならば、岸田総理は習近平氏には会わないほうがいい
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が11月10日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。11月11日から予定されている岸田総理の東南アジア3ヵ国歴訪について解説した。...
別窓で開く

金正恩が強要「残酷な運命」を拒否した北朝鮮の美女たち
先月、中央アジアのウズベキスタンの首都・タシュケントにある北朝鮮レストランの女性従業員5人が、脱北して韓国に入国していたことが韓国メディアの報道で明らかになった。朝鮮日報は、現地の情報筋と情報当局の話を引用し、タシュケント市内の北朝鮮レストラン「ネゴヒャン」(私の故郷)で働いていた女性従業員Aさんが...
別窓で開く

中国に派遣された北朝鮮労働者3人が行方不明に、脱北か
川を挟んで北朝鮮と向かい合う中国・遼寧省の丹東には、数多くの北朝鮮労働者が派遣され、アパレル工場、水産物加工場などで働いている。その一部が行方をくらます事件が発生した。中国のデイリーNK情報筋によると、事件が起きたのは今月12日。丹東郊外にあるアパレル企業で働く北朝鮮労働者のうち、男性1人、女性2人...
別窓で開く

「1強」ゆえに危惧される習近平氏の今後 気になる「健康状態」も
ジャーナリストの佐々木俊尚と、キヤノングローバル戦略研究所主任研究員でジャーナリストの峯村健司が10月18日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国国家統計局がGDP発表を延期した理由について解説した。...
別窓で開く

「何をされるかわからない」北朝鮮の”美人支配人”が恐れた密室行為
朝鮮日報など韓国メディアの報道によれば、中央アジアのウズベキスタンの首都・タシュケントにある北朝鮮レストランの女性従業員5人が脱北して韓国入りしたという。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)の続報によると、5人のうち1人は5月、もう1人は6月、残りの3人は8月に脱北したとされる。...
別窓で開く

若い女性が忽然と消える「金正恩の聖地」の救われない実態
相次ぐミサイル発射で強硬姿勢を見せる北朝鮮だが、その一方で、国内は悲惨な状況にある。最近、ウズベキスタンに進出している北朝鮮レストランの女性従業員5人が、集団脱北したとする事件が伝えられた。5人はいずれも韓国に到着したとされる。だが、韓国統一省の発表によると、今年6月までに韓国に入国した脱北者の数は...
別窓で開く

北朝鮮の美人ウェイトレス「残酷ショー」怖くて集団亡命
中央アジアのウズベキスタンの首都・タシュケントにある北朝鮮レストランの女性従業員5人が、脱北して韓国に到着したと、朝鮮日報など韓国の一部メディアが2日までに報じた。北朝鮮レストランからの集団脱北事件としては、2016年4月に上海の南にある浙江省寧波の北朝鮮レストラン「柳京食堂」から従業員と支配人ら1...
別窓で開く

ウズベキスタンの北朝鮮レストラン女性従業員5人が脱北
中央アジアのウズベキスタンの首都・タシュケントにある北朝鮮レストランの女性従業員5人が、脱北して韓国に到着したと、朝鮮日報など韓国の一部メディアが2日までに報じた。同紙は、現地の情報筋と情報当局の話を引用し、タシュケント市内の北朝鮮レストラン「ネゴヒャン」(私の故郷)で働いていた女性従業員A氏がまず...
別窓で開く

それでも中国がロシアと運命を共にすることはない プーチン大統領と習主席がウズベキスタンで会談
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が9月9日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。9月15日からウズベキスタンで行われる予定の習主席とプーチン大統領の会談について解説した。...
別窓で開く


<前へ12次へ>