本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米ロ囚人交換、米国が英雄より黒人レズビアン選手を選んだ真意 プーチン大勝利と非難轟々でもバイデンが欲しかったもの
ウクライナ侵攻後、2回目の囚人交換 ウクライナ戦争をめぐって対立する米国とロシアが受刑者の身柄を交換した。ロシアによるウクライナ侵攻以降、米ロが囚人交換を行ったのは、2回目だ。 4月27日、ロシアが収監していた元米海兵隊員のトレーバー・リード受刑者(30)、米国がコカイン密輸共同謀議で収監していたコ...
別窓で開く

習近平氏、プーチン氏は“ジレンマ”の相手? 最大の競争相手は米国
今頃、中国の習近平国家主席は終身雇用という不動の地位を獲得して満足していることが想像できる。世界最多の人口を誇る国家を自分の決断でマネージメントできるのだから、想像できない権力といえよう。■最大の競争相手は米国おそらく、習氏は経済発展を進める一方、対外的には米国や日本、台湾などに対してより強硬な態度...
別窓で開く

独裁化する習近平氏に対して日本が行うべき「2つのこと」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が10月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。10月23日に開かれた第20期中央委員会第1回総会(1中総会)について解説した。...
別窓で開く

習近平氏が4期目を目指すには「台湾併合」しかない これだけの「理由」
前統合幕僚長の河野克俊、慶應義塾大学教授で国際政治学者の細谷雄一が10月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国・習近平総書記(国家主席)の今後について解説した。...
別窓で開く

「1強」ゆえに危惧される習近平氏の今後 気になる「健康状態」も
ジャーナリストの佐々木俊尚と、キヤノングローバル戦略研究所主任研究員でジャーナリストの峯村健司が10月18日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国国家統計局がGDP発表を延期した理由について解説した。...
別窓で開く

「ユーラシア戦争」はもうすでに始まっている!? ロシア弱体化によって各国で紛争が勃発中!
米空軍F15がイランの発射した無人機を撃墜したウクライナ戦争で明らかにロシア軍が不利になっている。元・陸上自衛隊中央即応集団司令部幕僚長の二見龍元陸将補はこの状況を受けて、現状から推測される危惧をこのように解き明かす。「ロシアの影響力が低下すると、いたる所で領土を巡る"ユーラシア戦争"と呼んでもよい...
別窓で開く

習近平氏「3期目への動き」に対する、中国の「庶民」と「知識人」の見方の違い
毎日新聞・中国総局長の米村耕一氏が10月13日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国・習近平国家主席の3期目への動きについて現地から語った。...
別窓で開く

プーチン×金与正「殺人兵器ビジネス」で電撃合体(1)東側陣営の大国に見放され
 開戦からはや7カ月が経過した侵略戦争も今や形勢逆転。彼の国のインベーダーは西側諸国の包囲網にハネ返され、死に体も同然の戦況だ。そんな窮状をビジネスチャンスと捉えた、「女帝」の姿がチラつきはじめて‥‥。 ロシアによるウクライナ侵攻は、今や分水嶺を超えた戦局を迎えている。国際ジャーナリストの山田敏弘が...
別窓で開く

習近平主席、2年8か月ぶりに海外訪問、中国の国際的影響力の回復が目標
中国の習近平国家主席が14日、新型コロナ発生後2年8か月ぶりに海外訪問する。長期政権が決まる来月16日の第20回共産党全国代表大会(党大会)を控え、習主席が国際的な影響力拡大に乗り出すとみられる。中国外交部の発表などを総合すると、習主席は14日にカザフスタンを訪問し、カザフスタンのカシムジョマルト・...
別窓で開く

それでも中国がロシアと運命を共にすることはない プーチン大統領と習主席がウズベキスタンで会談
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が9月9日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。9月15日からウズベキスタンで行われる予定の習主席とプーチン大統領の会談について解説した。...
別窓で開く


<前へ12次へ>