本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



森保一監督続投! 過去4年間の日本代表戦績一覧 勝率69.8%は歴代最高
日本サッカー協会(JFA)は28日、森保一監督の続投を発表した。 森保監督はサンフレッチェ広島の監督などを経て、FIFAワールドカップロシア2018終了後からA代表を率いている。4年間で63試合を指揮し、41勝8分14敗で日本代表歴代トップの勝率69.8パーセントを誇っている。 FIFAワールドカッ...
別窓で開く

吉田麻也、逆転直後に森保監督に詰め寄り「どうするんすか!」 W杯ドイツ戦の舞台裏明かし驚きの声
13日放送の『news zero』(日本テレビ系)に、サッカー日本代表主将・吉田麻也がVTR出演。11月23日に戦ったW杯グループ第1戦・ドイツ戦の裏話を明かし話題となっている。 番組では吉田が元日本代表・中澤佑二氏を聞き手に、全4試合を戦ったW杯の舞台裏を語るVTRを放送。...
別窓で開く

コスタリカ代表MFがドーピング陽性…日本と同組のカタールW杯出場可否は未定
コスタリカサッカー連盟(FCRF)は18日、同国代表MFオルランド・ガロ(CSエレディアーノ/コスタリカ)がドーピング陽性となったことを発表した。 コスタリカ代表は9月に韓国へと遠征し、韓国代表、ウズベキスタン代表と国際試合を行った。その際、無作為に選んだ15選手からサンプルを採取。...
別窓で開く

【アナリスト戦術記】森保Jがシステムを変えた狙いとは? W杯本番を見据えて確認できたこと、調整が必要なこと
 サッカーの奥深き世界を堪能するうえで、「戦術」は重要なカギとなりえる。確かな分析眼を持つプロアナリスト・杉崎健氏の戦術記。今回は、カタール・ワールドカップに臨む日本代表のメンバー発表前、最後の代表活動となった9月シリーズの2試合をディープに掘り下げる。...
別窓で開く

南米メディアのW杯前「最終調整」評価で日本代表はドイツ、スペインを上回る! 一方、米サイトによる優勝予想の順位は!?
カタール・ワールドカップ前の最後のインターナショナルマッチデーが終わり、いよいよ出場各国は最終メンバー26名を選定し、11月20日に開幕する本大会に臨むこととなる。...
別窓で開く

W杯優勝候補ブラジルが5発圧勝!…コスタリカ、韓国らも勝利/国際親善試合
FIFAワールドカップカタール2022を前に、メンバー選考前の最後のテストマッチとなる国際親善試合が、27日に各地で行われた。 W杯の優勝候補筆頭にも挙げられるブラジル代表は、チュニジア代表と対戦。ハフィーニャの得点で早々に先制すると、追いつかれた直後にはリチャーリソンが勝ち越しゴール。...
別窓で開く

日本と同組のコスタリカ代表が親善試合のメンバーを発表 韓国戦へ新たな顔ぶれも
コスタリカサッカー連盟は16日、9月の代表戦に臨むコスタリカ代表の招集メンバー26名を発表した。 2カ月後に開幕する『FIFAワールドカップカタール2022』で日本と同組になったコスタリカ代表は、23日に韓国代表と、27日にはウズベキスタン代表と対戦する。...
別窓で開く

最新FIFAランキングが発表! 日本は24位にランクダウン。W杯対戦国スペインは6位、ドイツ11位、コスタリカ34位
 国際サッカー連盟(FIFA)は現地時間6月23日、最新のFIFA世界ランキングを発表した。日本は前回の23位から1つ順位を落とし、24位となっている。 11月に開催を控えるカタール・ワールドカップの組み合わせ抽選会が実施されて以来、初となるランキング発表となった今回、1位は前回と変わらずブラジル、...
別窓で開く

発足から3年半、森保Jは苦闘の経験をW杯イヤーにどう生かす? 波乱の船出、批判を呼んだアジアでの惨敗…
 1月27日と2月1日の2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選・中国&サウジアラビア2連戦(埼玉)に向け、森保一監督率いる日本代表が17日から再始動する。 今回は国内組のコンディション調整に主眼を置いたウズベキスタン戦(埼玉)を21日に実施予定だったが、新型コロナのオミクロン株拡大...
別窓で開く

AFCが来年予定のU-20&U-17女子アジア杯の中止を発表…その後の年代別W杯出場枠の決定方法は未定
 アジアサッカー連盟(AFC)は7月5日、U-17女子アジアカップ、およびU-20女子アジアカップの中止を発表した。 U-20女子アジアカップは2022年4月にウズベキスタンで、U-17女子アジアカップは同年5月にインドネシアで開催が予定されていた。 これによって、それぞれの大会に出場するはずだった...
別窓で開く


<前へ12次へ>