本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



元世界王者・岩佐亮佑がロマチェンコの元スパー相手と対戦  竹迫司登はWBOインターナショナル戦  4・15韓国・仁川で
 プロボクシング元WBO世界スーパーフェザー級(58・9キロ以下)王者・伊藤雅雪氏が代表を務めるトレジャー・ボクシング・プロモーション(TBP)は4日、SNSで興行第2弾の開催決定を発表した。...
別窓で開く

横浜FM山根陸、2年目は優勝チームで「スタメン」奪取へ…SBにも意欲 パリ五輪世代23年の誓い<10>
 U—20日本代表は3月にU—20W杯最終予選(ウズベキスタン)、5月に本大会(インドネシア)を控える。トップ昇格2年目となる横浜FMのMF山根陸は、勝負の23年シーズンへ「1日1日、できることを増やしたい。毎日の練習がマリノスの試合や代表に選ばれることにつながっていく」と気合を込めた。...
別窓で開く

「バトラーのせいだ」独自PFPで井上尚弥を2位とした米識者が持論を展開「1位に選んでいたかは分からない」
師走の日本列島を彩ったのは、ボクシング界が屈指のハードパンチャーである井上尚弥(大橋)だった。昨年12月13日に有明コロシアムで行なわれたWBO同級王者のポール・バトラー(英国)を11回KOで破り、アジア人初の完全統一を果たした。 タイトルマッチすべてをKOで飾ったのは、史上初の快挙だった。ゆえに「...
別窓で開く

「比類なき存在だ」井上尚弥の強さに熱視線! 米記者が“2023年で見るべき戦士”にピックアップ「倒せる者はまずいない」
リング内外であらゆる娯楽が提供されたボクシング界は、激闘の1年を終えようとしている。今年も各国のファイターたちが名勝負を演じたわけだが、自らの名声を高めた一人が、世界バンタム級の完全統一を果たした井上尚弥(大橋)だろう。...
別窓で開く

日本が中央アジアで影響力を拡大するのが難しい理由—中国メディア
中国メディアの中国新聞社新疆分社は25日、「日本が中央アジアで影響力を拡大するのが難しいのはなぜか」とする記事を発表した。記事によると、「中央アジア+日本」対話・第9回外相会合が24日に都内で開催された。岸田文雄首相はトルクメニスタン、カザフスタン、タジキスタン、キルギス、ウズベキスタンの中央アジア...
別窓で開く

ロシア協会が模索する“UEFA→AFC転籍案”に国内は賛否渦巻く大混乱!「CLを諦めるのか」「FIFAは譲歩しない」
 どうやら本気のようだ。ロシア・サッカー連合(RFU)のアジア・サッカー連盟(AFC)への転籍だ。 ロシア通信社『TASS』は現地12月24日、同連盟が欧州サッカー連盟(UEFA)からAFCへの転籍に関する最終決断を、27日火曜日に行なわれるオンラインビデオ評議会で下すと報じた。...
別窓で開く

ロシア、UEFAからAFCに転籍も? ウクライナへの侵攻により、W杯&EURO予選とUNLは追放処分
ロシア・サッカー連合(RFS)が、UEFA(欧州サッカー連盟)からAFC(アジアサッカー連盟)に転籍するかもしれない。23日、ロシアの通信社『タス』の情報を引用し、ドイツ紙『ビルト』が伝えている。...
別窓で開く

米ロ囚人交換、米国が英雄より黒人レズビアン選手を選んだ真意 プーチン大勝利と非難轟々でもバイデンが欲しかったもの
ウクライナ侵攻後、2回目の囚人交換 ウクライナ戦争をめぐって対立する米国とロシアが受刑者の身柄を交換した。ロシアによるウクライナ侵攻以降、米ロが囚人交換を行ったのは、2回目だ。 4月27日、ロシアが収監していた元米海兵隊員のトレーバー・リード受刑者(30)、米国がコカイン密輸共同謀議で収監していたコ...
別窓で開く

独裁化する習近平氏に対して日本が行うべき「2つのこと」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が10月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。10月23日に開かれた第20期中央委員会第1回総会(1中総会)について解説した。...
別窓で開く

「美脚すぎてヤバっ!」「絶世の美女です」女子柔道ビロディドが変身した“リアル新体操コス”姿にファン喝采!
東京五輪・女子柔道48キロ級の銅メダリストで、ウクライナ出身のダリア・ビロディドが公式インスタグラム(@dariabilodid7)を更新。まさかの“新体操コスチューム”姿を披露して、ファンから「美脚すぎてヤバっ!」「絶世の美女です」「スタイル抜群」と喝采を浴びている。...
別窓で開く


[ ウズベキスタン ウクライナ ] の関連キーワード

ウクライナ 中央アジア euro fifa uefa
スタメン プーチン wbo リアル バトラ
afc ロシア unl

<前へ123次へ>