本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「昔は好きに食べ、試合前でも酒を飲んだ」“無敵”だったトンプソンが大ケガ後の意識の変化を語る「健康な生活が最優先になった」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズン、自身4度目のチャンピオンリングを勝ち取ったゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソン。度重なる故障による2度のシーズン全休を乗り越えて優勝を掴み取ったわけだが、大ケガをする前と後で、バスケに対する心構えが変わったという。...
別窓で開く

「彼ほどトロフィーにふさわしい人物はいない」ヤニスが4度目の優勝を飾ったカリーを祝福!自身の敗戦には「まだ少し心が痛い」<DUNKSHOOT>
2020-21シーズンに球団史上50年ぶりのリーグ制覇を達成し、昨季は連覇が期待されたミルウォーキー・バックス。しかしヤニス・アデトクンボやクリス・ミドルトン、ドリュー・ホリデーら前年とほぼ同様のコアメンバーで臨んだが、イースタン・カンファレンス・セミファイナルでボストン・セルティックスに3勝4敗で...
別窓で開く

セルティックスが17年新人王のブログドンを獲得!優勝候補への加入に「ワクワクしている」<DUNKSHOOT>
昨季に12年ぶりにNBAファイナルへ進出したボストン・セルティックスが、オフに積極的な動きを見せている。 現地時間7月1日に合意と報じられたトレードでは、5選手(ダニエル・タイス、アーロン・ネスミス、ニック・スタウスカス、マリーク・フィッツ、ジュワン・モーガン)と2023年のドラフト1巡目指名権を放...
別窓で開く

「今でもゾクゾクする」トンプソンが“941日ぶりの復帰戦”を回想。「僕はまだベストじゃない」と来季のさらなる飛躍も誓う<DUNKSHOOT>
現地時間6月30日、NBAではFA(フリーエージェント)選手たちとの交渉が解禁となり、初日から数多くの選手たちの契約延長や再契約、移籍が報じられている。 昨季王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは、当初こそ自軍のFA選手たちを引き留める方針を打ち出していたのだが、ゲイリー・ペイトン二世がポートランド...
別窓で開く

リーグに衝撃を与えたデュラントの“トレード要求”!本人希望の移籍先候補は東西の強豪2チーム<DUNKSHOOT>
現地時間6月30日、NBAはフリーエージェント(FA)選手との交渉が解禁となり、多くの契約に関する情報が飛び交っている。 そんななかリーグの話題をさらっているのは、今オフは移籍話とは無縁と思われていたブルックリン・ネッツのスーパースター、ケビン・デュラントだ。...
別窓で開く

夢のNBAへ入りへ! 馬場雄大がウォリアーズの一員としてサマーリーグ出場。3年ぶりの参戦に「今シーズンこそは」と意気込み<DUNKSHOOT>
バスケットボール日本代表の馬場雄大が、夢のNBA入りに向けて新たな一歩を踏み出した。 現地時間6月29日、ゴールデンステイト・ウォリアーズは7月2日と3日、5日に本拠地チェイス・センターで開催するカリフォルニア・クラシック・サマーリーグのロスターを発表。19人のメンバーの中に馬場も名を連ねた。...
別窓で開く

今秋来日のウィザーズがナゲッツと2対2のトレード!エースのビールは契約を破棄して完全FAへ<DUNKSHOOT>
現地時間6月29日、ワシントン・ウィザーズとデンバー・ナゲッツによるトレードが合意に達したと、『The Athletic』など複数の現地メディアが報じた。 ウィザーズはケンテイビアス・コールドウェル・ポープ(29歳/SG)とイシュ・スミス(33歳/PG)を放出し、ナゲッツからモンテ・モリス(27歳/...
別窓で開く

デュラントがいなければ、ウォリアーズの連覇はなかった? 名手グリーンが証言「当時のカリーは成長過程だった」<DUNKSHOOT>
今季、ゴールデンステイト・ウォリアーズはNBAファイナルでボストン・セルティックスを4勝2敗で下し、2015年以降の8年間で4度目(15、17、18、22)のリーグ王座に就いた。 これらの優勝には、ドラフトで指名したステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンという黄金デュオが揃っ...
別窓で開く

 【ロサンゼルス時事】米プロバスケットボール協会(NBA)ウォリアーズのミニキャンプが29日に始まり、東京五輪日本代表の馬場雄大が参加した。NBAでのプレーを目指す馬場は、リモート会見で「今シーズンこそは、という思いはある。アグレッシブなプレーを見せたい」と抱負を口にした。...
別窓で開く

「蛇の頭を掴むようなもの」名手ミラーが“カリー・ストッパー”にピッペンを指名「サイズで苦しめられる」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは歴代最高のシューターと称され、2021-22シーズンに自身4回目のリーグ優勝を果たした。ディープスリーも軽々と沈める驚異のシュートレンジを誇る男を止めるのは至難の業だが、現役時代に同じシューターとして鳴らしたレジー・ミラーは、“カリー...
別窓で開く


[ ウォリアーズ ] の関連キーワード

dunkshoot トンプソン nba ミラー