本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



世界中で始まった“バブル崩壊”…1980年代前半の悪夢が再来か(杉村富生)
(レーガン米大統領(当時) (C)Newscom/共同通信イメージズ) バブル崩壊の足音が聞こえる。いや、すでに、バブル崩壊は始まっている。実態のないミーム株、仮想通貨の暴落、箱物上場と称されたSPAC市場の壊滅的な状況が好例だろう。 FRBはコロナショックに対応、猛烈な流動性の供給を行った。この結...
別窓で開く

孫正義の借金はもう限界 米国の利上げで今後もっと苦しくなる
 米国の利上げで今後もっと苦しくなる。投資銀行家・神谷秀樹氏による「孫正義の借金はもう限界」(「文藝春秋」2022年7月号)を一部転載します。◆ ◆ ◆■経営者の真価が問われる ソフトバンクグループの米国預託証券は、昨年2月に47ドルと最高値を付けていたが、この5月には最安値が17ドル割れと約3分の...
別窓で開く

なぜアメリカは世界一の経済大国になったのか。そのヒントは日本がバブル経済だった1980年代にある。ボストン大学のブルース・シュルマン教授と作家カート・アンダーセン氏のインタビューを収録した『世界サブカルチャー史 欲望の系譜 アメリカ70-90s 「超大国」の憂鬱』(祥伝社)から、一部を抜粋してお届け...
別窓で開く

ウォール街戦々恐々! 「リーマンショックよりひどい」とエコノミスト指摘、FRBも見放す米国経済どこへ行く?
「リーマンショック時よりひどくなるかもしれない」。ウォール街が戦々恐々になっているという。消費者物価指数、失業率、実質国内総生産(GDP)成長率......経済指標は予想を上回る悪い数字ばかりだ。折しも、FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長は米議会で景気後退を恐れず、インフレ退治に全力を挙げ...
別窓で開く

日本の農業はこれからどうなるのか。元農水官僚で、東京大学大学院教授の鈴木宣弘氏は「貿易自由化で利益を得る勢力が、農協を攻撃し、農家の利益を奪ってきた。この結果、農家は高齢化と低年収に喘いでおり、2030年ごろには農村が崩壊する恐れがある」という——。(第2回)※本稿は、鈴木宣弘『農業消滅』(平凡社新...
別窓で開く

ミレニアル世代が家を買えないのはNetflixやテイクアウトのせい!? ベビーブーマー世代の指摘に反論多数
ミレニアル世代が家を買えないのは携帯電話、Netflix、コーヒーなどのテイクアウト、海外旅行といった贅沢なライフスタイルのせいだと信じているベビーブーマー世代が半数以上いることが、イギリスの国立大学が行った調査で明らかとなりました。ミレニアル世代とは1980年から1995年の間に誕生した人々のこと...
別窓で開く

松坂慶子に「親子絶縁と骨肉の争い」をもたらした「ニューヨーク婚」の確執/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
「ウォール街を一緒に歩いていて、色々教えてもらっているうちに、彼がとても頼もしく思えて、急に異性として意識させられたんです。2歳年下だし、弟みたいに思っていたので、いや〜、まいったなぁ、って…」 1991年1月17日、都内で結婚報告会見を開いた松坂慶子(当時38歳)は、こう言ってはにかんだ。...
別窓で開く

多くの企業が取り組む「ESG経営」。社会での重要性は高まっているものの定着しているとは言いがたい。しかし、すべてのステークホルダーの利益を考えるESG経営こそ、新規事業の種に悩む日本企業にとって千載一遇のチャンスなのである。企業経営者をはじめとするビジネスパーソンが実践に向けて頭を抱えるESG経営だ...
別窓で開く

「なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?」SNSに潜むウソ拡散のメカニズムを、世界規模のリサーチと科学的研究によって解き明かした全米話題の1冊『デマの影響力──なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?』がついに日本に上陸した。ジョナ・バーガー(ペンシルベニア大学ウォートン校教授...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する...
別窓で開く



<前へ123次へ>