本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「バード指名の謎はいまだ話すことが許されない」1980年代のセルティックスを引き合いに、パワーハウス全盛の現代NBAを元選手が擁護<DUNKSHOOT>
目まぐるしく選手が移籍するため“スーパーチーム”誕生も珍しくはなくなった近年のNBA。昨季で言えば、レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板に、ラッセル・ウエストブルックやカーメロ・アンソニーを加えたロサンゼルス・レイカーズ、ケビン・デュラントとカイリー・アービン...
別窓で開く

NBAの歴代“ベストスコアラーチーム”を選定!ジョーダンやカリーら6人で得点王25回の超豪華布陣に<DUNKSHOOT>
ビッグマンが試合を支配した一昔前からアウトサイドシュートが主体となった現代にいたるまで、時代によって様々にトレンドを変えてきたNBA。その時々のプレースタイルに合わせて古今東西あらゆる点取り屋が誕生し、リーグを牽引してきた。 NBAでは過去75シーズンで計34人の得点王が存在するが、彼らを含む歴代の...
別窓で開く

ラッセル、ハーデン、ロビンソンにジノビリ…NBA“ベストレフティチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
今季NBAでプレーした558人のうち、左利きの選手は1割に満たない50人。リーグの歴史を振り返っても稀少性の高いサウスポープレーヤーだが、そんな彼らのなかでベストチームを組んだら、どのような顔ぶれが並ぶのか。『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、NBAの&ldquo...
別窓で開く

マジック、バード、ジャバー、レブロンら新旧レジェンドが豪華共演!NBA75周年を記念した短編動画「NBA Lane」が公開<DUNKSHOOT>
NBAは現地時間10月7日(日本時間8日)、創設75周年記念シーズンを前に、リーグの歴史を称える短編動画「NBA Lane」を公開した。 俳優・プロデューサーのマイケル・B・ジョーダンが主演し、総勢30名以上の現役NBA選手やレジェンドが集まり、75年の歴史を大いに感じさせる内容になっている。...
別窓で開く

現代の選手は「ソフト」レジェンドのアービングが語る“古き良き時代”と現リーグの相違点<DUNKSHOOT>
NBAは2021-22シーズンで創設75周年を迎え、これまで数々の名勝負や名選手を輩出してきた。この間、3ポイントラインの導入、ハンドチェック・ルールの廃止といったルール変更に始まり、センター全盛からポジションレスのスタイル変更、施設や医療の充実など、様々な変化とともに、世界最高峰のリーグとして成長...
別窓で開く

コビーが「初代ドリームチームに勝てる」と豪語。数々の新記録を樹立したロンドン五輪アメリカ代表の軌跡【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>
2004年のアテネ五輪で惨敗し、失墜したアメリカのプライドを取り戻したのが“リディームチーム”だった。2008年の北京五輪で頂点に返り咲くと、2012年のロンドン五輪にもアメリカはオールスターキャストで参戦。コビー・ブライアント曰く「ドリームチームに勝てる」ほどの豪華メンバー...
別窓で開く

“ご意見番”パーキンスが現役ビッグマンTOP5を選出! 「俺の中ではMVP」と称賛した選手とは?<DUNKSHOOT>
ケンドリック・パーキンスは現役時代、守備専門のロールプレーヤー型センターだったが、世界最高峰のNBAで14シーズンを戦い、2008年にはボストン・セルティックスでポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンの“ビッグ3”とともにリーグ優勝を経験した。...
別窓で開く

ハーデンが2部門でランクアップ間近、ポールはスティール数でトップ5入りなるか…NBA後半戦に達成されそうな記録一覧【Part.2】〈DUNKSHOOT〉
NBAは3月10日(日本時間11日)よりシーズン後半戦がスタート。レギュラーシーズン終了予定の5月中旬まで、各チームとも残りの36試合前後を消化していくことになる。 後半戦を見ていくうえで最大の注目は、各カンファレンスの首位レースやプレーオフの座を巡る順位争いになるだろうが、一方で選手個人の活躍も見...
別窓で開く

“最悪のトラッシュトーカー”レジー・ミラーの真実の顔。歩行障害を持つ少年がスターとなるまでの軌跡【NBAレジェンド列伝・前編】
現在、NBAでスーパースターと呼ばれる選手たちの多くはオールラウンドなプレースタイルだ。レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)やヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)はもちろん、ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)やラッセル・ウエストブルック(ヒューストン・ロケ...
別窓で開く

ポール・ジョージがジョーダンのリーダーシップに敬服。サンダー時代の同僚ウエストブルックは「MJと同じ傾向にある」
5月30日(日本時間31日、日付は以下同)、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者との“#oneteam Speaker Series”に、ロサンゼルス・クリッパーズのポール・ジョージが出演した。...
別窓で開く


<前へ12次へ>