本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「アジアでは別格の存在だ」渡邊雄太に中国メディアが熱視線!気になる去就には「朗報を待っている」と指摘
昨シーズンまでトロント・ラプターズでプレーし、現在はFAとなっている渡邊雄太の去就はいまだ決まっていない。負傷で出遅れた2021-22シーズンは苦しんだ渡邊は、1月には新型コロナウイルスに感染。欠場が重なりプレーの安定性を欠いた。 それでも先月行なわれたアジアカップでは出場した4試合で、格の違いを見...
別窓で開く

大谷翔平の移籍はバスケ界では“レブロン級”の衝撃? NBA2000年以降MVP受賞者の移籍を振り返る<DUNKSHOOT>
大谷翔平の去就問題が大きな話題を集めたメジャーリーグ。現地時間8月2日のデッドラインまでに多くのトレードが実現したなかで、二刀流戦士は今季中の残留が決まった。だが、依然として来オフの移籍の可能性を残している。 トレード期限間近に移籍が頻発するのは、同じ米国のバスケットボールリーグ、NBAも同様だ。...
別窓で開く

昨季は6戦全敗で悪夢のシーズンに。復活を期すレイカーズ、今年のプレシーズン日程をおさらい<DUNKSHOOT>
NBAは現在オフシーズン真っ只中。9月末から始まるトレーニングキャンプまで、各選手ともワークアウトや休暇など、好き好きに時間を過ごしている。 10月18日に開幕が見込まれているレギュラーシーズンの前には、各チーム数試合のプレシーズンゲームを実施。徐々にチーム別の日程が明らかになっているなか、6月初頭...
別窓で開く

“ウエストブルック批判”はメディアの過剰報道が原因?「若手まで彼を軽視するようになった」とイグダーラが指摘<DUNKSHOOT>
昨季、リーグで最も批判に晒された選手はラッセル・ウエストブルックだろう。2021年オフにロサンゼルス・レイカーズにトレード移籍し、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスとビッグ3を結成したものの、チームにまったくフィットできず。個人、チームとも不振に陥り、優勝どころかプレーイン・トーナメント進出...
別窓で開く

「バード指名の謎はいまだ話すことが許されない」1980年代のセルティックスを引き合いに、パワーハウス全盛の現代NBAを元選手が擁護<DUNKSHOOT>
目まぐるしく選手が移籍するため“スーパーチーム”誕生も珍しくはなくなった近年のNBA。昨季で言えば、レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板に、ラッセル・ウエストブルックやカーメロ・アンソニーを加えたロサンゼルス・レイカーズ、ケビン・デュラントとカイリー・アービン...
別窓で開く

今季のレイカーズの“最重要選手”はデイビス?新指揮官ハムが断言「彼なしでは上手くいかない」<DUNKSHOOT>
レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルックのビッグ3を擁しながらも、昨季はプレーオフどころかプレーイン・トーナメント参戦すら逃したロサンゼルス・レイカーズ。依然としてウエストブルックにはトレードの噂が付きまとうものの、再びこのトリオ体制で臨む今季こそ、絶対に失敗は許されな...
別窓で開く

雪辱に燃えるレイカーズ・ビッグ3が新シーズンに向けて“意気投合”?レブロンは「100%健康体だ」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは昨季ウエスタン・カンファレンス11位の33勝49敗(勝率40.2%)でプレーオフ進出を逃し、失意のシーズンを送った。 レギュラーシーズン終了後、チームはフランク・ヴォーゲルHC(ヘッドコーチ)を解任し、ミルウォーキー・バックスのAC(アシスタントコーチ)だったダービン・ハム...
別窓で開く

「負けカードのベストを手放す理由はない」米識者がデュラントの去就問題に揺れるネッツに提言「トレード出す義務は皆無」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツは、2枚看板であるケビン・デュラントとカイリー・アービングの去就問題に大きく揺れている。 ジェームズ・ハーデン(現フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)が在籍していた昨季開幕前は、優勝候補筆頭にも挙げられていたが、解体寸前の状況に敏腕記者たちも、トレードを要望しているデュラント...
別窓で開く

カルーソが“スター寄せ集め”の古巣レイカーズにチクリ「ただ優れた選手をコートに出せばいいと思ってる」<DUNKSHOOT>
昨夏にFA(フリーエージェント)としてロサンゼルス・レイカーズからシカゴ・ブルズへ移籍したアレックス・カルーソ。新天地1年目は足首やハムストリング、手首のケガなどで計41試合を欠場したものの、コートに立てば平均28.0分のプレータイムで7.4点、3.6リバウンド、4.0アシスト、1.7スティールをマ...
別窓で開く

「ラスは責任を負わなかった」残留したウエストブルックの“2年目の正直”に現地記者は懐疑の目「自身を何も変えようとしなかった」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウエストブルックは、今オフにプレーヤーオプションを行使して契約最終年となる2022−23シーズンを迎えるが、ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングとのトレード説をはじめ、周辺が騒がしい。...
別窓で開く


[ ウエストブルック ] の関連キーワード

dunkshoot レブロン デイビス アジア バード