本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“ファブ・ファイブ”のウェバー、初優勝メンバーのライス、名ドリブラーのクロフォード… ミシガン大の最強メンバーを選定!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)。そこでの活躍はプロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大...
別窓で開く

ロビンソン、キッド、ヒル…無風の1994年ドラフトの舞台裏で起きた予想外のトラブルとは?【NBAドラフト史】
■1位指名が確実視されたのはパデュー大のロビンソン NBAドラフトには裏話や秘話といった類のストーリーや、意外性に富んだドラマが付き物だ。上位指名権を持つチームによるギリギリの駆け引きが繰り広げられ、情報戦が飛び交う場であるゆえ、すぐには表に出てこない微妙な話があって当然である。...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】ノビツキーやアンセルドが背負った41番。過去の着用者にはある共通点も
■唯一の欠番はアンセルド、最大のスターはノビツキー これまで背番号41でプレーしたことがある選手は107人いる。このうち永久欠番になっているのは1人だけだが、着用者の特徴は見た目以上に器用な選手が多い点だ。 今のところ唯一の欠番選手であり、先頃74歳で亡くなったウェス・アンセルドがまさにそのタイプだ...
別窓で開く


<前へ1次へ>