本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



16歳でカリーを翻弄した逸材ホルムグレン。稀代の名シューターが当時を回顧「彼が2位指名でNBAにいるなんてやばい」<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフトでオクラホマシティ・サンダーから1巡目2位指名を受けたチェット・ホルムグレン。八村塁(ワシントン・ウィザーズ)の母校ゴンザガ大出身の20歳は、7フッターのサイズに機動力とスキル、シュート力を兼備した、無限の可能性を秘める将来有望なビッグマンとして大きな期待を受けている。...
別窓で開く

「最も才能に恵まれている」レジェンドのジャバーが現役最高のビッグマンにデイビスを推挙!その理由は?<DUNKSHOOT>
現地時間7月13日(日本時間14日、日付は以下同)、世界中で絶大な支持を集める超人気ゲーム、『NBA 2K』シリーズの最新作「NBA 2K22」のカバーアスリートが発表された。 通常版のグローバル仕様のカバーにはダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチ、日本限定版にはワシントン・ウィザーズの八村塁が...
別窓で開く

“ファブ・ファイブ”のウェバー、初優勝メンバーのライス、名ドリブラーのクロフォード… ミシガン大の最強メンバーを選定!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)。そこでの活躍はプロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大...
別窓で開く

「俺に言わせればカリーは…」レジェンドのペイトンが持論を展開!“史上最高”になるために必要なのは——<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは今季、得点ランキングでワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールに次ぐ2位の平均31.3点を叩き出している。 言わずと知れた現役随一のシューターであると同時に、チームでポイントガード(PG)を務めているが、バスケットボール殿堂入りを果たし、攻守...
別窓で開く

「多くのチームが彼の価値をわかっていない」ペイトンが伸び悩む息子を擁護。10日間契約を結ぶウォリアーズHCの評価は?<DUNKSHOOT>
NBAの世界には、2世選手として父をも上回る実績を残す選手たちがいる。現役ではデル・カリー(元シャーロット・ホーネッツほか)を父に持つステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、マイカル・トンプソン(元ポートランド・トレイルブレイザーズほか)の息子クレイ・トンプソン(ウォリアーズ)、スタ...
別窓で開く

ロビンソン、キッド、ヒル…無風の1994年ドラフトの舞台裏で起きた予想外のトラブルとは?【NBAドラフト史】
■1位指名が確実視されたのはパデュー大のロビンソン NBAドラフトには裏話や秘話といった類のストーリーや、意外性に富んだドラマが付き物だ。上位指名権を持つチームによるギリギリの駆け引きが繰り広げられ、情報戦が飛び交う場であるゆえ、すぐには表に出てこない微妙な話があって当然である。...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】近年は「30番=カリー」のイメージが定着。2000年代以前に同番号を背負った選手と言えば?
NBAで背番号30の欠番選手は誰かという質問に、すぐに答えられるファンは少ないだろう。なぜならこの番号を背負って目覚ましい活躍を見せたスーパースターは、過去にはいないに等しかったからだ。 30番で最初の欠番はインディアナ・ペイサーズのジョージ・マッギニス。...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】ノビツキーやアンセルドが背負った41番。過去の着用者にはある共通点も
■唯一の欠番はアンセルド、最大のスターはノビツキー これまで背番号41でプレーしたことがある選手は107人いる。このうち永久欠番になっているのは1人だけだが、着用者の特徴は見た目以上に器用な選手が多い点だ。 今のところ唯一の欠番選手であり、先頃74歳で亡くなったウェス・アンセルドがまさにそのタイプだ...
別窓で開く


<前へ1次へ>