本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「お前らの薬が届かない」新型コロナ対策ではない、もうひとつの医療危機
 老父を介護していて、ここ半年ぐらい厳しい状態になっているのが「いつもの親父の飲み薬が手に入らなくなった」ことであります。 投票を面倒くさがる親父や親族を無理矢理車に乗せて期日前投票に連れていく道すがら、実家の最寄り駅前では石原伸晃さんが街頭演説で「自民党の功績はコロナに打ち勝ち、医療崩壊を防いだこ...
別窓で開く

<W寄稿>不買運動をキチンとしようとすれば、韓国国内の「LED照明」を全て取り外すべき=果てのない「NO JAPAN」
※韓国では日本に対する独立運動を行った「義士」記念館の駐車場に日本製の駐車管理システムが使われていることが、あってはいけないこととして報道されている。コロナ禍の事態にも拘らず、韓国では日本製品不買運動が続いている。ところが、これをキチンとしようとすれば、今すぐ自分の家や事務所などの天井や壁、机に設置...
別窓で開く

シンガポール政府、ワクチン接種を反対するウェブサイトに対し、「フェイクニュース防止法」適用
シンガポール政府は新型コロナウイルス感染症ワクチンの安全性と効果に疑問を提起する、シンガポールのウェブサイトに対し、「フェイクニュース防止法」を適用することにした。25日(現地時間)、米ワシントンポストによると、シンガポール保健当局は新型コロナのワクチンが安全ではないと主張するウェブサイト「トゥルー...
別窓で開く

個人輸入での「イベルメクチン」の服用は危険
東京都医師会理事で「鳥居内科クリニック」院長の鳥居明氏が10月13日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。新型コロナウイルス感染症を対象に治験が進められている「イベルメクチン」について、また、今年度中に日本でも使える予定の「モルヌピラビル」について解説した。...
別窓で開く

「抗体カクテル療法」の今後の課題 東京都医師会理事・鳥居明
東京都医師会理事で「鳥居内科クリニック」院長の鳥居明氏が10月12日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。新型コロナウイルス感染症における最前線の治療・投薬について解説した。...
別窓で開く

—[コロラド博士の「私はこの分野は専門外なのですが」]— ◆「イベルメクチン」を巡る大騒ぎ「イベルメクチンを飲んだ人がたくさん病気になった」という報道が、8月からCNNやBBCで繰り返し報じられています。実は本邦でも業界誌では3月にはFDA(合衆国食品医薬局)による警鐘が報じられていました。●Ive...
別窓で開く

東京都医師会会長・尾﨑治夫 〜新型コロナウイルスの治療薬としてイベルメクチンが有効な理由
東京都医師会会長の尾﨑治夫氏が9月16日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。イベルメクチンの現状について解説した。...
別窓で開く

新型コロナで陽性 〜自宅療養になったら何をすればいいのか
東京都医師会副会長で感染症担当、「角田外科消化器科医院」院長の角田徹氏が9月2日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。自宅療養になった場合の流れと「イベルメクチン」の治験状況について解説した。...
別窓で開く

玉木雄一郎、激白(2)「実はコロナ前から、日本はすごく貧乏になっています」
テリー 正直言って、ここまで野党は「ワクチンどうなってるんだ」「オリンピックやめろ」って攻めやすかったじゃないですか。でも、パラリンピックはあるけれどもオリンピックが終わって、これからワクチン接種率も4割を超えてくると、選挙の時には今のムードも変わってると思うんですよ。そうすると今度の総選挙は何をテ...
別窓で開く

東京都医師会・尾﨑会長 〜東京都医師会が「抗原検査」を推奨する理由
東京都医師会会長の尾﨑治夫氏が7月9日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。東京都医師会が「抗原検査」を推奨する理由と新型コロナウイルスの治療薬として期待される「イベルメクチン」について解説した。新型コロナウイルス対策で入国者を対象とした唾液による抗原定量検査風景が関...
別窓で開く


<前へ12次へ>