本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



体重272キロ 余命わずかな男の“願い”とは? アカデミー賞ノミネート『ザ・ホエール』予告編&日本版ポスター
『ザ・ホエール』© 2022 Palouse Rights LLC. All Rights Reserved.A24製作・配給、ダーレン・アロノフスキー監督最新作、ブレンダン・フレイザー主演『ザ・ホエール』が2023年4月7日(金)より公開。このたび予告編と日本版ポスターが解禁となった。...
別窓で開く

ACEエディー賞、ノミネーションが発表
編集に贈られるACEエディー賞のノミネーションが発表になった。劇場用長編映画(ドラマ)部門の候補は、『西部戦線異状なし』『エルヴィス』『TAR/ター』『トップガン マーヴェリック』『The Woman King』。劇場用長編映画(コメディ)部門の候補は、『イニシェリン島の精霊』『エブリシング・エブリ...
別窓で開く

衝撃の結末に「余韻が何日も後を引いて…」中瀬ゆかり絶賛の映画『イニシェリン島の精霊』
TOKYO MX(地上波9ch)の情報バラエティ生番組「5時に夢中!」(毎週月〜金曜 17:00〜)。2022年12月22日(木)放送の「中瀬親方のエンタメ番付」のコーナーでは、新潮社出版部部長の中瀬ゆかりさんがおすすめのエンタメ作品を番付形式で紹介しました。...
別窓で開く

アカデミー作品賞の候補が発表された。意外な人や作品がすべり込んだり、逆にそのせいで確実視されていた人や作品が逃したり、ということはいつものことながらあったものの、『トップガン マーヴェリック』は、従前予想どおり作品部門への候補入りを果たした。それ以外の作品部門候補作は、『西部戦線異状なし』、『アバタ...
別窓で開く

『レジェンド&バタフライ』木村拓哉×綾瀬はるか、激動の時代を生きた夫婦の物語
【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1100回】シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画・ドラマを発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。今回は、1月27日に公開された『レジェンド&バタフライ』『イニシェリ...
別窓で開く

「人生とはそれ自体が不条理なもの」アカデミー賞ノミネート『イニシェリン島の精霊』 マーティン・マクドナー監督が語る コリン&ブレンダンとの胸熱エピソードも
『イニシェリン島の精霊』©2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.『スリー・ビルボード』(2017年)で世界中の映画ファンを唸らせたマーティン・マクドナー監督の新作『イニシェリン島の精霊』が、いよいよ日本で公開される。...
別窓で開く

〈米アカデミー主演男優賞ノミネート〉初めて「ロバ」と共演も…コリン・ファレル(46)が今、評価されるワケ
「僕は良い映画を作りたいだけ。純粋に楽しい映画であれ、社会に問題提起をする知的な映画であれ、他人の人生の2時間を無駄にさせないようなものを作っていきたい」 ハリウッドデビューを果たした20代の頃から演技力を高く評価されてきた、コリン・ファレル。今、彼は、46歳にして賞レースのフロントランナーに躍り出...
別窓で開く

“小さな戦争”を描いた寓話『イニシェリン島の精霊』/ビートルズが今も愛される理由とは『ミスタームーンライト 1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢』【映画コラム】
『イニシェリン島の精霊』(1月27日公開) 1923年、本土では内戦が続くアイルランドの小さな孤島イニシェリン。住民全員が顔見知りのこの島で暮らすパードリック(コリン・ファレル)は、ある日突然、長年の友人コルム(ブレンダン・グリーソン)から、一方的に絶縁を言い渡される。...
別窓で開く

脚本家組合賞(WGA)ノミネーションが発表に
脚本家組合賞(WGA)のノミネーションが発表された。脚本部門に候補入りしたのは、『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』、『フェイブルマンズ』、『ザ・メニュー』、『NOPE/ノープ』、『TAR/ター』。...
別窓で開く

『イニシェリン島の精霊』主人公のもう一人の親友“ロバのジェニー”に注目 特別映像解禁
コリン・ファレルが主演するマーティン・マクドナー監督最新作『イニシェリン島の精霊』より、主人公が飼っている愛嬌たっぷりの“ロバのジェニー”にフォーカスした特別映像が到着した。 本作は、アイルランド西岸沖に浮かぶ架空の離島・イニシェリン島で暮らす心優しく気のいい男パードリック(コリン・ファレル)と、音...
別窓で開く



<前へ1234次へ>