本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナ戦争が引き起こす「ドローン・パンデミック」とは?
週刊プレイボーイでは数回にわたり、ロシア軍相手に絶大な効果を上げているウクライナ軍のドローン戦術について記事にしてきた(『「ドローン戦術」強さの理由』(17号)、『ウクライナ軍「反転攻勢」の新・ドローン戦術!!』(24号)など)。ウクライナにおける無人ドローンの有効性に目を付けた各国軍隊や武装組織、...
別窓で開く

シルクロード沿線・乾燥地帯の「砂漠化問題」—中国人専門家が状況を解説
どこまでも連なる砂丘。ラクダの背に荷を乗せた隊商が、砂丘のふもとをゆっくりと通過していく——。そんなシルクロードのイメージは、私たちを美しい歴史ロマンの世界に誘う。しかし現実の砂漠は過酷な世界だ。また、「砂漠化の進行」などといった、不安を覚えずにはいられない言葉を耳にすることもある。...
別窓で開く

米バイデン政権、「イラン核合意」復活へ動き出す=ウクライナ危機で—イスラエル説得へ
米バイデン政権は欧州の主要国と協力して、トランプ政権が破棄したイラン核合意の復活を目指してきた。しかしその最終段階で、イラン側が、イラン革命防衛隊(IRGC)の「テロ組織指定」を米国が取り消さない限り、核合意の復活に同意しないと主張したため、交渉が中断しているが、ロシアのウクラナイ侵攻が様相を一変さ...
別窓で開く

中国の王毅外相がイスラエル首相代理と電話会談…ロシアへの制裁強化に反対の立場を表明
中国の王毅外相は6日、イスラエルのヤイール・ラピード首相代理兼外相と電話会談を行い、国際社会の対ロシア制裁強化に反対した。中国外交部によると、王外相はラピード首相代理とウクライナ問題やイスラエル・パキスタン問題、イランの核問題などについて協議した。...
別窓で開く

原油高騰は「消費税1.6%アップ」負担に匹敵! コロナ後の回復は頓挫なのか...エコノミストの分析は?【ウクライナ侵攻】
ウクライナ情勢の緊迫化によって原油価格の高騰が止まらない。プーチン大統領の選択は、せっかくアフターコロナで立ち直りつつあった日本経済にも冷や水を浴びせるものだった。原油高が私たちの家計に与える打撃は、消費税を一気に1.6%引き上げる負担に相当するという試算もある。エコノミストたちの分析から、日本経済...
別窓で開く

「キエフの幽霊」って何者? ウクライナ空軍に1日で6機撃墜のエースパイロット誕生か
「エースパイロット」の称号は撃墜数を基にしていますが、このたびウクライナに、たった1日でエースになったパイロットが現れたといいます。その名も「キエフの幽霊」……なんだかできすぎなお話の気もしますが、果たして。危急存亡のウクライナに救国のエース現る 2022年2月24日、ロシアのプーチン大統領は隣国の...
別窓で開く

いまさら聞けない「オイルショック」のあれこれ。世界経済混乱の原因となった「第4次中東戦争」の勃発からじっくりと解説
 今回紹介する、係長さん投稿の『【ゆっくり解説】オイルショック』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、1973年に発生し、世界経済全体に大きな混乱を与えた「オイルショック」について解説を行っていきます。...
別窓で開く

腹を括りつつあるイラン 〜ライシ政権が中露に接近
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月14日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。イランのライシ政権が安全保障や経済面において中露に接近しているというニュースについて解説した。中ロ首脳会談=2019(令和元)年6月5日、ロシア・モスクワ(ロイター=共同) 写真提供:共同...
別窓で開く

中国ネット民が議論「日本は大国と小国の一体どちらなのか」
 中国は人口や国土面積、経済規模などのいずれの分野でも「大国」であることは間違いない。では、日本は大国と小国のどちらになるのだろうか。中国のQ&Aサイト知乎にこのほど、「日本は大国と小国のどちらなのか」と題するスレッドが立ち、中国人ネットユーザーが議論を交わした。...
別窓で開く

ワクチン93万回分が有効期限切れで廃棄 = 韓国
韓国国内で新型コロナウイルスのワクチン接種が始まってから最近までに廃棄されたワクチンは合計93万8630回分であることが分かった。また、年末に有効期限が切れるワクチンは77万6365回分に達することも判明した。...
別窓で開く


[ イスラエル イラン ] の関連キーワード

シルクロード ウクライナ イスラエル ミック イラン
ロシア パンデ キエフ

<前へ1234次へ>