本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する...
別窓で開く

岡本公三 テルアビブ空港乱射50年 本人が手記で明かした「日本を出てから事件を起こすまで」
 1972年5月30日、イスラエルで日本赤軍によるテルアビブ空港乱射事件が起きた。今年で事件発生から50年を迎えることになる。(敬称略) *** テルアビブのロッド国際空港(現:ベン・グリオン国際空港)で、奥平剛士(1945〜1972)、安田安之(1947?〜1972)、岡本公三(74)が自動小銃を...
別窓で開く

世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。世界史を背骨に日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した『哲学と宗教全史』が「ビジネス書大賞2020」特別賞(ビジネス教養部門)を受賞。発売3...
別窓で開く

トッテナムがモウリーニョ元監督と対戦へ…ローマとのプレシーズンマッチを発表
トッテナムは27日、ジョゼ・モウリーニョ元監督が率いるローマ(イタリア)とイスラエルでプレシーズンマッチを行うことを発表した。 試合は7月30日にハイファの『サミー・オフェル・スタジアム』で行われる。トッテナムがローマと対戦するのは、2008年、2017年、2018年のプレシーズンマッチに続き、史上...
別窓で開く

グローバル化が生んだ「エリートと庶民の分断」 経済的移民の受け入れは本当に人道的なのか
 新型コロナウイルスとは一体何だったのか——。「新しい生活様式」を強いられてもう2年超が経過した。だが、我々は果たして「新しい思考様式」を身に付けることができているだろうか。未曾有の疫禍をきっかけに識者が問う、シリーズ「ポスト・コロナ」論。 *** ポスト・コロナの時代においては「グローバル化の見直...
別窓で開く

世界の聖地を巡る写真集。魅惑のパワースポットをあなたの本棚へ!
 この世のものとは思えない不思議な力が漂う美しい聖地に一度は足を運んでみたいもの。海外旅行に出かけるのはまだ無理だが、情勢が落ち着いたら、ぜひ一度は訪れたい魅惑のパワースポットを1冊に閉じ込めた『世界 美しい聖地とパワースポットをめぐる旅』(パイ インターナショナル)が4月22日に発売された。ゴール...
別窓で開く

巨匠ナンニ・モレッティ監督最新作 同じ建物に暮らす3家族の物語『3つの鍵』公開決定
イタリアの巨匠ナンニ・モレッティ監督の最新作『Tre piani(原題)』が、邦題を『3つの鍵』として、9月16日より全国公開されることが決定。併せてポスタービジュアルが解禁された。 本作は、ローマの同じアパートに住む3つの家族の運命が紡ぐ、濃密でスリリングな物語。...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。大人の教養として世界の国々を知ろうと思った時におすすめ1冊が、新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)だ。世界地図を約3...
別窓で開く

男子シングルSPは19時37分に演技開始! 日本勢は友野が第4G、宇野&鍵山は最終第5Gで登場【フィギュア世界選手権】
現地時間3月24日、フランス・モンペリエでフィギュアスケートの世界選手権が開幕する。大会2日目に行なわれるのは、男子シングルのショートプログラム(SP)、そしてペアのフリースケーティング(FS)だ。 日本からは、北京五輪で銀メダルを獲得した鍵山優真、銅メダルを獲得した宇野昌磨、そして負傷で出場を見送...
別窓で開く

世界選手権2022に参加する各国フィギュアスケート選手一覧【フィギュア世界選手権】(随時更新)
3月23日にフランス・モンペリエで開幕する世界選手権。同大会は、ロシアのウクライナに対する軍事侵攻を受け、ISUは同国およびベラルーシの選手の参加を禁じている。そのため北京五輪でメダルを獲得した選手たちも不在となっている。 日本からは北京五輪に参加した選手たちをベースに派遣。...
別窓で開く


[ イスラエル ローマ ] の関連キーワード

イスラエル テルアビブ パレスチナ エジプト キリスト
ローマ

<前へ123次へ>