本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



コロナワクチン、4回目開始=60歳以上・持病ある人限定—重症化予防目的・厚労省
 新型コロナウイルスワクチンの4回目接種が25日午前、全国各地で始まった。重症化予防を目的とし、対象者は3回目から5カ月以上経過した60歳以上や基礎疾患のある18歳以上に限定。公費の「臨時接種」に位置付け、60歳以上には努力義務を適用する。6月以降に本格化する見通しだ。 4回目では、米ファイザー製と...
別窓で開く

4回目接種始まる コロナワクチン、60歳以上の高齢者など対象
 新型コロナウイルスワクチンの4回目接種が25日、各地で始まった。対象者は、60歳以上と、18歳以上で基礎疾患があるなど重症化リスクが高い人に限られる。東京都港区の接種会場には高齢者らが訪れた。 4回目接種は、3回目から5カ月が経過した人が対象で、ファイザー社製もしくはモデルナ社製のワクチンを使う。...
別窓で開く

ロシアのバルチック艦隊撃破に貢献した日英同盟復活へ 次期戦闘機でも共同開発合意か、同盟の意義と威力とは
 スウェーデンとフィンランドは5月18日、北大西洋条約機構(NATO)に加盟申請した。 ロシアのウクライナ侵略を受け、両国は中立政策を放棄するという歴史的な転換を決定した。 もし、ウクライナが2014年時点でNATOに加盟していたら、ロシアがクリミア半島を併合したり、親ロ派が一方的に「ドネツク人民共...
別窓で開く

「世界空軍力ランキング2022」で中国の空軍力をインドが上回る?—中国メディア
中国メディアの環球網は20日、軍事ニュースを報じるコーナー「枢密院十号」に「『世界空軍力ランキング』でインドが中国を上回った?」と題する記事を掲載した。インドメディア「news9live」は20日、「2022年の『世界空軍力ランキング』で、インドの空軍力が中国よりも上だっただけでなく、日本、イスラエ...
別窓で開く

マスク生活で免役力低下か? “サル痘”感染 世界で広がる【ひるおび】
天然痘に似た症状の感染症“サル痘”の感染が拡大し、WHO(世界保健機関)が警戒を呼びかけています。5月21日時点で、イギリスやアメリカなど欧米を中心に12か国で92人が確認されていましたが、ロイター通信によるとスイス、オーストリア、イスラエルでも新たに患者が確認され、中東まで広がりをみせています。...
別窓で開く

コロナ以外の感染症が各国で急増 子どもたちの免疫力に何が?(めざまし8)
新型コロナ感染対策のマスク生活には、意外な影響が指摘されている。今日24日(2022年5月)の「めざまし8 わかるまで解説コーナー」では、マスク生活による免疫力低下と日本で注意すべき感染症について詳しく伝えた。■日本でも要注意「新型コロナパンデミックのロックダウンで子どもたちは、よくある感染症にさら...
別窓で開く

奇病ウイルス「サル痘」が世界12カ国へ謎の感染拡大…“夏のワンナイトラブ”にご用心!
 “奇病ウイルス”がジワジワと襲来中だ。アフリカを流行地域とする「サル痘」が欧米や中東に広がっている。 WHO(世界保健機関)は21日、「サル痘」患者が欧州と北米、オーストラリアの12カ国92人に拡大したと発表。感染疑いは28人だ。スイスとイスラエルの保健当局も同日、初めて患者を確認した。「サル痘」...
別窓で開く

母親になって“後悔”している女性たち…彼女らが抱く「子どもに対する感情」とは
 子どもを産むか産まないか、いつ、何人産むか。現代では、産む本人の意思というのが最重要視されている。すでに四半世紀前には、「性と生殖に関する健康と権利(SRHR)」について、カイロ国際人口開発会議の場で合意がなされた。 とはいえ、グローバルな会議で「認められた」からといって、それがローカルな共同体に...
別窓で開く

特効薬なし…欧米中心に「サル痘」が急拡大 回復後に痕が残るケースも 予防策を医師に聞く
アメリカ、カナダ、イギリス、フランスなど、欧米を中心に15か国で感染が確認されているとされる感染症「サル痘」。WHOはアフリカでの過去の流行に関わりのない「サル痘」患者が多数確認されていることについて「極めて異常だ」としています。現在特効薬はなく、2~4週間で自然に回復するケースが多いそうです。...
別窓で開く

世界最高峰の頭脳を持つ人々が「やること」と「やらないこと」
ビジネスや研究、芸術などどんな分野にも「一流の人」や「世界最高峰の人」がいます。彼らは常人離れした頭脳を持っていて、それを武器に誰もできないようなことを成し遂げていくように思えますが、決して「ただの秀才」ではありません。...
別窓で開く


[ イスラエル ] の関連キーワード

ロシア インド