本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「十字マークはちょっと…」「月のマークもちょっと…」 実は複数ある公式「赤十字マークの代わり」知ってますか?
病院や救急車などの車両や、自衛隊の衛生部隊などは、目立つ部分に赤十字をつけています。国際的に救護活動をする人や車両を示すマークとして認められていますが、どのような経緯で定着することになったのでしょうか。敵味方関係なく救護するという証 病院や救急車などの車両や、自衛隊の衛生部隊などは、目立つ部分に赤十...
別窓で開く

アメリカ軍の「カタイブ・ヒズボラ」司令官殺害はイランへのメッセージでもある
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が2月9日、ニッポン放送「小永井一歩のOK! Cozy up!」に出演。米軍によって行われたイランが支援する武装組織の司令官殺害について解説した。...
別窓で開く

アメリカ軍と親イラン勢力の「応酬」 その複雑な「背景」
軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏が2月7日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。親イラン勢力の反撃とみられるシリア最大の米軍基地へのドローン攻撃について解説した。...
別窓で開く

原油相場が不気味なほど低位で安定している。2月に入っても、国際指標のWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエート)の3月物は1バレル=70ドル台前半を軸に推移している。だが、結論から言えば、この先は急伸のリスクもはらみつつ、不安定な展開になる可能性がありそうだ。中東情勢は依然不安定な状況が続くW...
別窓で開く

米軍が親イラン勢力へ報復攻撃 専門家が語る「最悪のシナリオ」とは
明海大学教授で日本国際問題研究所主任研究員の小谷哲男氏が2月5日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。アメリカ軍による親イラン武装組織の拠点への空爆について解説した。...
別窓で開く

【超解説】世界経済の急所、紅海を牛耳る「フーシ派」とは何者か?
フーシ派の指導者アブドルマリク・フーシほんの数ヵ月前までは国際情勢によほど詳しい人しか知らなかったであろう、アラビア半島南端のイエメンを拠点とする武装組織が、世界中で主要ニュースに取り上げられている。...
別窓で開く

日本人に理解できない「トルコのジレンマ」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が1月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。イラン・ライシ大統領とトルコ・エルドアン大統領の会談について解説した。...
別窓で開く

なんと6組中5組でトップに君臨。アジア杯で躍進する中東勢の“地の利”【小宮良之の日本サッカー兵法書】
「地の利」 中東カタールで開催されているアジアカップは、それを濃厚に感じさせる大会になっている。 グループリーグ第2節が終わった段階で、グループAからFまでの6組で、なんと5組で中東の国がトップに君臨。開催国のカタールを筆頭に、イラン、イラク、サウジアラビアは連勝を収めて、すでに決勝トーナメント進出...
別窓で開く

米ブリンケン国務長官が何度も中東を訪れる「深刻な事情」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が1月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米ブリンケン国務長官とパレスチナ自治政府・アッバス議長の会談について解説した。ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ラマラで会談するブリンケン米国務長官(左)と自治政府のアッバス議長。...
別窓で開く

イランの軍事顧問殺害によって考えられる「三段階のエスカレーションのシナリオ」 中東情勢
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が12月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。イスラエルがイラン革命防衛隊のムサビ氏を殺害したことにより、さらに緊迫化する可能性が出てきた中東情勢について解説した。イスラエル軍の空爆を受け、パレスチナ自治区ガザの建物から上がる煙。...
別窓で開く


[ イスラム シリア ] の関連キーワード

アメリカ ヒズボラ アジア イラン 赤十字
トルコ

<前へ12345次へ>