本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



長野まで長距離試乗、「アウトバック」を1200キロ走らせて考えたスバルの行方 EV時代にも「スバルらしさ」は維持されるのか
(桃田 健史:自動車ジャーナリスト) 2023年1月13〜15日に幕張メッセ(千葉市)で開催されたチューニングカー、カスタムカーのイベント「東京オートサロン2023」。スバルのブースには、同社のスポーティブランドであるSTI(スバルテクニカインターナショナル)の関連商品に加えて、日本では初披露となっ...
別窓で開く

クルマの性能を証明するモータースポーツの熱さは健在!「東京オートサロン」レポート
「東京オートサロン」はそもそもチューニングカーのお祭り的な性格をもって始まったイベント。2023年も、モータースポーツの雰囲気は濃厚でした。■ ■【トヨタ】世界ラリー選手権ドライバー監修モデルたとえば、トヨタのガズーレーシングが発表した、GRヤリスRZ ハイパフォーマンスの(さらなる)スポーツバージ...
別窓で開く

スバル 新型「インプレッサ」日本仕様を東京オートサロンで初公開 受注は2023年春から
エンジンは「e-ボクサー」を搭載。名称もちょっとだけ変更へ スバル(SUBARU)は2023年1月13日(金)、幕張メッセで開催されている東京オートサロン2023で新型「インプレッサ」の日本仕様プロトタイプを初公開しました。 インプレッサはスバルラインナップのスタンダードモデルです。...
別窓で開く

クルマ好きなら絶対にお得な情報が満載! 2023年最注目の新車をギガ盛り解説!!
【注目1】トヨタ プリウス トヨタは、22年11月16日に7年ぶりにフルチェンした5代目プリウスを世界初公開。今後は日本を皮切りに、順次グローバル展開していくという国産&輸入車の中で、今年注目を集めるクルマとは? そして、気になる新車の納期はどうなる? カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎(わたなべ...
別窓で開く

日本の自動車メーカーが2023年に期待する5つの理由—中国メディア
2023年1月9日、中国メディア・ZAKERは、日本の自動車企業にとって今年が「好転の年」になる可能性がある五つの理由を挙げるとともに、好転を妨げかねない要因について論じた記事を掲載した。...
別窓で開く

KPスターレット、パンデムエアロ装着のFC… ホットウィール新作はかなりマニアック!
自動車好きならミニカーを見るだけで楽しいですよね。それが過去に自分が乗ってたクルマや、欲しかったクルマとなったら、テンションは爆上げ。そんなマニアックなラインナップのミニカーが登場です。アメリカのミニカーブランドHot Wheelsから、レーシングカーやスポーツカーで人気だった車種を集めた日本車シリ...
別窓で開く

新型インプレッサだします! レヴォーグ最上級車のさらに上も 東京オートサロン出展
日本仕様インプ、どんな姿になるのか?日本仕様のインプレッサ公開へ スバルは2022年12月26日(月)、来年1月13日から開催される「東京オートサロン2023」の出展概要を発表しました。 目玉は初公開となる新型「インプレッサ」の日本仕様車です。開発中のSTIパーツを装着し、よりスポーティーな仕様にカ...
別窓で開く

【今週デビューの注目馬】☆レシプロシティ 2022年12月18日(日)中山第5R芝1600m戦に出走予定のレシプロシティ。馬名の由来は「互恵主義。相互利益」。牝、黒鹿毛、2020年3月10日生。美浦・田村康仁厩舎。父キズナ、母サプレザ、母父Sahm。生産は千歳市・社台ファーム、馬主は社台レースホース...
別窓で開く

■新型は“クロカンSUV寄りの性能を持つクロスオーバー” 2022年、スバルSUVシリーズの末っ子、XVは発売10周年を迎えた。XVはインプレッサの販売が伸び悩む欧州/中国からのリクエストを受けて開発された経緯がある。蓋を開けるとクロスオーバーSUVブームと相まって世界的にスマッシュヒット。ベース車...
別窓で開く

スバルの新“入門SUV”価格発表 最安グレードは大きく値上げ XV改め「クロストレック」
技術的には新機軸多数!エントリーモデルは40万円以上高く でも スバルは2022年12月1日、新型SUV「クロストレック」の価格を発表しました。 インプレッサのSUV派生モデルとして2010(平成22)に年発売された「XV」が、3度目のモデルチェンジで車名も変わります。北米の車名を日本仕様にも当ては...
別窓で開く


[ インプレッサ ] の関連キーワード

クロストレック suv スバル レット

<前へ123456次へ>