本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



バイデン大統領の声がけで13か国が参加 「IPEF」各国の思惑とは
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「IPEF(アイペフ)」です。緩やかな枠組み。でも、対中政策に必要な繋がり。IPEFとは、Indo‐Pacific Economic Frameworkの略で「インド太平洋経済枠組み」のこと。...
別窓で開く

米中首脳会談、7月にもリモートで開催=対中制裁関税引き下げへ—米、中国の対露姿勢を評価
米中関係筋によると、バイデン政権は中国製品に課す制裁関税を引き下げる方針である。物価の大幅上昇に米国民の不満が高まっていることも背景にある。トランプ前政権が課した制裁関税を引き下げれば、米中対立の緩和や世界経済の発展にも寄与すると期待されている。バイデン大統領は習近平中国国家主席との首脳会談をリモー...
別窓で開く

中国の研究者、中国抜きの「インド太平洋経済枠組み」を批判
5月20〜24日のバイデン米大統領のアジア歴訪で、「インド太平洋経済枠組み(IPEF:Indo-Pacific Economic Framework)」が始動した。「繁栄のためのインド太平洋経済枠組みに関する声明」によると、この枠組みは「経済の強靱性、持続可能性、包摂性、経済成長、公平性、競争力を高...
別窓で開く

岸田首相も歓迎しているが…米国主導の経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」のリスクとは
 世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)が日本時間5月23日未明、2年ぶりに開催された。 コロナ禍で中断される前の会議(2020年1月)ではトランプ米大統領(当時)の自国第一主義などの主張が目立ったが、今回の議題は「ロシアの軍事侵攻をきっかけに冷戦は再来する可能性」や「今後のロシアに対する中国の...
別窓で開く

バイデン大統領は訪日中に「台湾関連あいまい戦略」を覆した—香港・亜洲週刊
香港誌「亜洲週刊」はこのほど、バイデン大統領の韓国・日本訪問について、日本をより重視しているからこそ先に韓国を訪問すると論評する毛峰東京支局長の署名入り記事を発表した。バイデン大統領は訪日中に「台湾関連あいまい戦略」を覆す発言もした。以下は、その主要部分だ。...
別窓で開く

米バイデン政権、対中制裁関税引き下げへ=米中対立、緩和に向かう?—5月末にも米中首脳会談か
米政府関係筋によると、バイデン政権は中国製品に課す制裁関税を引き下げる方針である。物価の大幅上昇に米国民の不満が高まっているためで、バイデン大統領はアジア訪問から帰国後に決断する。トランプ前政権が課した制裁関税を引き下げれば、米中対立の緩和や世界経済の発展にも寄与すると期待されている。...
別窓で開く

「インド太平洋経済枠組み」が中国の台頭の歩みを乱すことは不可能—中国専門家
米国が主導する中国に対抗する新たな経済連携「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」が23日始動したが、中国のシンクタンク、上海国際問題研究院中国・南アジア研究センターの劉宗義(リウ・ゾンイー)事務局長は「中国の台頭の歩みを乱すことはできない」との見方を示している。...
別窓で開く

バイデン大統領の「IPEF」立ち上げ宣言に中国側が猛反発
米国のバイデン大統領が23日、訪問先の日本でインド太平洋経済枠組み(IPEF)の立ち上げを宣言した。中国側は反発している。バイデン大統領はIPEFを立ち上げることを宣言し、米国・日本・韓国・インド・オーストラリア・ニュージーランド・インドネシア・タイ・マレーシア・フィリピン・シンガポール・ベトナム・...
別窓で開く

米国は、大統領も外交・安保首脳部も「日韓に注力」=韓国報道
ジョー・バイデン米政権の発足後、米国はアジアの核心同盟国である日本・韓国との外交・安保協力に、かなり力を注いでいる。バイデン大統領は今月の20〜24日に、韓国と日本をつづけて訪問する予定である。就任後ヨーロッパを3回訪問したバイデン大統領がアジアを訪問するのは、今回が初めてである。...
別窓で開く


<前へ1次へ>