本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国の電子商取引(EC)最大手、阿里巴巴集団(アリババ)傘下の物流企業の菜鳥(ツァイニャオ)は、ブラジルでの事業拡大を加速する。同社が11月14日に発表した計画によれば、今後3年間でブラジルに9カ所の物流センターを建設。まず主要な7州をカバーし、さらに全国展開を進めていく。また、ブラジルの十大都市に...
別窓で開く

「“韓国美容技術の結晶”と言う人もいます(笑)」あまりの“ビューティフル”さに9万人のファンクラブができた韓国のキム・ゴンヒ大統領夫人(50)とは何者か
 11月15〜16日にインドネシアで行われたG20(主要20カ国・地域首脳会議)。日本からは岸田文雄首相も参加した。15日夜の晩餐会で、ひときわ目についたのは艶のある黒髪で韓国大統領と談笑するファーストレディーの“美魔女”キム・ゴンヒ(金建希)夫人(50)だ。 目鼻がはっきりとした顔立ちに、推定17...
別窓で開く

バイデン大統領と習近平国家主席が対面会談 今後不可逆的に対立悪化か
米中関係が極めて冷え込むなか、14日、インドネシア・バリ島で米国のジョー・バイデン大統領と中国の習近平国家主席がインドネシア・バリ島で会談した。■世界が注目する会談が実現オンラインでの米中会談は7月にも行われたが、両者が国家指導者として対面するのは今回が初めてとなった。難題が多すぎることもあり、会談...
別窓で開く

アジアを舞台とした一連の首脳外交が終わった。一連の会議での最大の焦点はもちろん、ロシアのウクライナ侵攻問題だった。最初の会議は、11月13日にカンボジアで開かれた東アジア首脳会議(EAS)だ。これはASEAN(東南アジア諸国連合)や日本、アメリカ、中国、ロシアなど18カ国が参加するもので、予想どおり...
別窓で開く

ペリーより百年以上も早く来航!元文の黒船「乗組員の正体と目的」
 黒船来航——と聞けば、多くの読者は嘉永六年(1853)六月三日、アメリカの東インド艦隊司令官ペリー率いる四隻の蒸気船が浦賀(神奈川県)に来航した事件を思い起こすことだろう。「泰平の眠りを覚ます蒸気船。たった四杯(隻)で夜も寝られず」と狂歌に謳われ、鎖国の時代が終わりを告げることになる歴史的事件だ。...
別窓で開く

これほど苦労してまで東南アジアに鉄道建設する価値はあるのか—中国メディア
2022年11月19日、中国メディアの観察者網は「これほど苦労してまで東南アジアの鉄道建設を行う価値はあるのか」とする文章を掲載した。文章は、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開かれたインドネシアのバリ島で16日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席がインドネシアのジョコ大統領とともに、中...
別窓で開く

習近平主席が東南アジアで外交攻勢、20カ国首脳と会談—改革開放、ゼロコロナ緩和もアピール
11月にASEAN関連首脳会議、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)及びアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議などがカンボジア、インドネシア、タイで開催された。一連の国際会議に第20回共産党大会で3期目続投を決めた習近平国家主席が出席し、活発な外交活動を展開した。...
別窓で開く

ジャカルタ・バンドン高速鉄道が試験運行に成功 インドネシア各界から絶賛コメント
中国鉄路が開発・製造した高速鉄道総合検測列車による、ジャカルタ・バンドン高速鉄道区間の線路に対する全面的検査が16日に行われました。各指標・パラメータはいずれも良好で、中国とインドネシアの共同建設によるジャカルタ・バンドン高速鉄道の初の試験運行が成功したことを示しています。...
別窓で開く

吹き渡る風に乗った新たな出発
中国共産党第20回全国代表大会後、中国の特色ある大国外交は新たな道のりを歩み始めました。習近平国家主席は14日から19日にかけて招きに応じ、インドネシアのバリ島で開催の第17回G20首脳会議、タイのバンコクで開催のアジア太平洋経済協力会議(APEC)第29回非公式首脳会議に出席したほか、タイへの公式...
別窓で開く

インドネシア高速鉄道の試運転成功、現地ネット民の名を使って日本をおとしめる中国セルフメディア
2022年11月17日、中国のポータルサイト・網易に、中国の支援によるインドネシア高速鉄道が試験運転に成功したことについて、日本の高速鉄道技術をおとしめるセルフメディアによる文章が掲載された。文章は「中国とインドネシアが共同建設したジャカルタ・バンドン高速鉄道の試験運転が成功した」と紹介。...
別窓で開く


[ インドネシア 東南アジア ] の関連キーワード

ビューティフル インドネシア ジャカルタ 東南アジア ブラジル
バンドン ペリー