本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



不合理な要求を繰り返すクレーマーにはどう対処すればいいのか。国際弁護士の射手矢好雄さんは、「不条理な主張に対しては、そもそも“交渉”に応じる必要はない。開き直った態度を取ってしまえば、相手は何もできなくなる」という——。(第3回)※本稿は、齋藤孝・射手矢好雄『BATNA 交渉のプロだけが知っている「...
別窓で開く

王毅国務委員兼外交部長 東南アジア歴訪へ
外交部の趙立堅報道官によりますと、王毅国務委員兼外交部長は3日から14日にかけて、東南アジア諸国を歴訪します。ミャンマーでは「瀾滄江・メコン川協力」第7回外相会合に出席し、インドネシアで開かれるG20外相会合にも出席します。さらに、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシアの4カ国に対する公式訪問を...
別窓で開く

韓国人ショック—「ベトナムに世界一を奪われた」「こうしちゃおられぬ」と一念発起
中国メディアの観察者網によると、韓国では1日付で、2021年には1人当たりの即席めん消費量が最も多い国はベトナムとなり、韓国は2013年以来初めて「王座を譲った」と紹介する報道があった。韓国人からは「プライドが傷ついた」、「負けられない」などの声が出ているという。...
別窓で開く

なぜロシアの人たちはプーチン大統領を支持しているのか。国際弁護士の射手矢好雄さんは「根拠がでたらめな主張でも、言われ続けると人は応えようとしてしまう。プーチン大統領もトランプ氏も、そうした人の心理をうまく突いている」という——。(第2回/全3回)※本稿は、齋藤孝・射手矢好雄『BATNA 交渉のプロだ...
別窓で開く

バイデン氏、違法漁業の取り締まりでベトナム・台湾などと連携へ=中国が標的—独メディア
独メディアのドイチェ・ヴェレは28日、米国のバイデン大統領が違法行業の取り締まりに関する覚書に署名したことについて、中国をターゲットにしたものと伝えた。バイデン氏は27日、違法行業の取り締まりに関する国家安全保障の覚書に署名した。米政府高官は覚書について「米労働省、国防総省、沿岸警備隊など各機関に、...
別窓で開く

日本に期待される国際的な「役割」 岸田総理、日本の総理大臣初のNATO首脳会議出席
前国家安全保障局長の北村滋が6月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理のNATO首脳会議への出席について解説した。...
別窓で開く

中国企業とのビジネス交渉をうまく進めるにはどうすればいいか。国際弁護士の射手矢好雄さんは、「中国企業は、金銭的利益が第一であることが多く案外簡単だ。特殊な法律を盾にしてくる場合は『では取引しない』と突き放してしまえばいい」という——。(第1回/全3回)※本稿は、齋藤孝・射手矢好雄『BATNA 交渉の...
別窓で開く

■世界中で“石炭の争奪戦”が激化している6月に入り、中国では猛暑によって河南省などで電力の需要が急増し、電力の供給不安が高まっている。昨年9月、中国では石炭の不足などによって電力の供給が落ち込み、経済に大きな制約が生じた。習近平政権は脱炭素に対応するために削減した石炭生産を再開し、輸入も増やした。そ...
別窓で開く

バイデン大統領の声がけで13か国が参加 「IPEF」各国の思惑とは
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「IPEF(アイペフ)」です。緩やかな枠組み。でも、対中政策に必要な繋がり。IPEFとは、Indo‐Pacific Economic Frameworkの略で「インド太平洋経済枠組み」のこと。...
別窓で開く

アジア各国で食料の禁輸広がる=穀物・食肉の国際価格急騰—SPでは培養肉のチキンライスが出現
アジアで食料の禁輸が相次いでいる。インドが小麦の輸出を原則禁止にし、砂糖の輸出制限も実施。マレーシアは食用鶏肉の輸出を停止している。いずれも世界的な食糧価格の高騰の影響下、コロナ禍での労働力不足などを受け国内価格が上昇したことへの対処としている。...
別窓で開く


[ インドネシア ベトナム ] の関連キーワード

東南アジア ベトナム ipef アジア ロシア