本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



芸術文化による共生社会の実現を目指す「だれもが文化でつながる国際会議」が上野エリアを中心に6月28日より開催
東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団が主催し、芸術文化による共生社会の実現を目指すアジア初の総合国際カンファレンス「だれもが文化でつながる国際会議」が2022年6月28日(火)から7月7日(木)まで上野エリアを中心に開催される。現在、芸術文化が有する多様性や相互理解等の特徴から生み出される社会包摂...
別窓で開く

ロシアの軍事費はアメリカの12分の1…経済力がモノをいうウクライナ紛争
 東西冷戦構造の復活? これはちょっと違う。西側(民主主義)陣営と強権国の対立である。いや、これも正しくない。両陣営は複雑に絡み合っている。ただ、いえることは戦後の国際秩序が崩壊、国連が機能不全に陥っている事実だ。ロシアの暴挙を止められない。G20も同じだろう。...
別窓で開く

米バイデン政権、対中制裁関税引き下げへ=米中対立、緩和に向かう?—5月末にも米中首脳会談か
米政府関係筋によると、バイデン政権は中国製品に課す制裁関税を引き下げる方針である。物価の大幅上昇に米国民の不満が高まっているためで、バイデン大統領はアジア訪問から帰国後に決断する。トランプ前政権が課した制裁関税を引き下げれば、米中対立の緩和や世界経済の発展にも寄与すると期待されている。...
別窓で開く

[深層NEWS]インドの動向がカギ「米中どちらにつくかが流れを決める」…クアッド首脳会談
 石井正文・前駐インドネシア大使と笹川平和財団の渡部恒雄上席研究員が24日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、日本で開かれた日米豪印4か国の枠組み「Quad」(クアッド)の首脳会談について議論した。...
別窓で開く

外交部、ベトナムと「アジア太平洋地域炭素中立協力行事」を開催=韓国報道
韓国外交部が「アジア太平洋地域炭素中立協力」に関する行事をベトナム資源環境部と24日共同開催した。今回の行事はタイで開かれる第78回国連アジア太平洋経済社会委員会総会を契機に開かれた。気候変動のキム・ヒョウン大使は開会の挨拶で「炭素中立目標達成のためのアジア太平洋地域の協力が包容的なグローバル炭素中...
別窓で開く

ミランの優勝記念ムービーに世界中のファンから喜びコメントが殺到!「このシーズンを永遠に忘れない」「美しい旅をありがとう」
 5月22日に開催されたセリエAの最終節(第38節)で、首位のミランは11位のサッスオーロと敵地で対戦し、3—0と快勝。11シーズンぶり19度目のスクデットを獲得した。 セリエAのYouTube公式チャンネルが翌日、ミランの優勝記念ムービー「Road to the Scudetto」を公開すると、イ...
別窓で開く

「インド太平洋経済枠組み」が中国の台頭の歩みを乱すことは不可能—中国専門家
米国が主導する中国に対抗する新たな経済連携「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」が23日始動したが、中国のシンクタンク、上海国際問題研究院中国・南アジア研究センターの劉宗義(リウ・ゾンイー)事務局長は「中国の台頭の歩みを乱すことはできない」との見方を示している。...
別窓で開く

インドネシア、パーム油の「全面禁輸」に内外から猛反発、一転して解除へ ウクライナ戦争でひまわり油の供給減少、世界規模で始まった食用油争奪戦
 世界最大のパーム油生産国のインドネシアが、4月28日から実施していた「全面輸出禁止」を、国内外の反発から一転して5月23日に解除。ジョコ・ウィドド大統領の指導力に疑問符を付けられる事態となっている。 パーム油はアブラヤシの果実から取られる油で、食用油やマーガリン、ショートニング、さらには化粧品の原...
別窓で開く

DJ社長、“インドネシア人に支持される”日本人YouTuberを告白 意外な人物にひろゆきも驚き
【モデルプレス=2022/05/24】実業家の“ひろゆき”こと西村博之、YouTuberとしても活躍するマルチクリエイターの西村歩乃果が初共演し、いま話題のインフルエンサーをランキング形式で発表するランキングニュース番組『モデルプレスカウントダウン』(毎週月曜/モデルプレスYouTube・TikTo...
別窓で開く

バイデン大統領の「IPEF」立ち上げ宣言に中国側が猛反発
米国のバイデン大統領が23日、訪問先の日本でインド太平洋経済枠組み(IPEF)の立ち上げを宣言した。中国側は反発している。バイデン大統領はIPEFを立ち上げることを宣言し、米国・日本・韓国・インド・オーストラリア・ニュージーランド・インドネシア・タイ・マレーシア・フィリピン・シンガポール・ベトナム・...
別窓で開く


[ インドネシア ] の関連キーワード

ウクライナ アメリカ ipef ベトナム ロシア
アジア インド 太平洋