本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



重病に倒れたモーニングを支えたハーダウェイ。兄弟愛にも似た熱い友情を築いた2人【NBAデュオ列伝|後編】<DUNKSHOOT>
■天敵ニックスと血で血を洗う激しい肉弾バトルを展開 ヒートのハーダウェイ獲得の成果は、早くもライリー就任2年目の96−97シーズンに現われた。球団記録の61勝でアトランティック・ディビジョンを制覇。プレーオフでもオーランド・マジックとニューヨーク・ニックスを撃破し、カンファレンス決勝で王者シカゴ・ブ...
別窓で開く

ドラフト3位指名から“神”になったジョーダン、7位指名でNBAの頂点に立ったカリー…“ドラ1以外”のベストチームを選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれ、その年の最高の選手が1番目に名前を呼ばれてきたが、下位指名でスーパースターに成長し、最終的に1位選手以上の成功を収めた選手も少なくない。...
別窓で開く

優勝候補ヒートの新キーマンだ! 「どん底まで落ちた」オラディポの復活への道のり「今ではどんなことでも乗り越えられる」<DUNKSHOOT>
イースタン・カンファレンス第1シードのマイアミ・ヒートは、アトランタ・ホークスとのプレーオフ1回戦を4勝1敗で制し、カンファレンス・セミファイナル進出を決めた。 この勝負を決めたのが、第5戦でチームハイの23得点をあげた元オールスターのヴィクター・オラディボだ。 オラディボは昨年3月、ヒューストン・...
別窓で開く

得点王のエンビードが今季最後の週間MVP!ドンチッチは3度目の受賞も最終戦で負傷のアクシデント|NBA第25週
現地時間4月11日(日本時間12日、日付は以下同)、NBAが今季最終週となる第25週の週間最優秀選手を発表し、イースタン・カンファレンスからフィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビード、ウエスタン・カンファレンスからダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチが選出された。...
別窓で開く

「私ならエンビードに投票する」ドクターJが今季のMVPを予想!「ただ最も相応しい男はヨキッチだ」<DUNKSHOOT>
NBAの2021−22レギュラーシーズンは最終盤へ突入し、主要アウォードの有力候補選手たちも徐々に絞られてきた。 今季の最優秀選手であるMVPは、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ(セルビア出身)、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビード(カメルーン出身)、ミルウォーキー・バッ...
別窓で開く

ヤングが今季3度目の週間MVP!ヨキッチは通算受賞回数で球団トップに浮上|NBA第24週
現地時間4月4日(日本時間5日、日付は以下同)、NBAがシーズン第24週の週間最優秀選手を発表し、イースタン・カンファレンスからアトランタ・ホークスのトレイ・ヤング、ウエスタン・カンファレンスからデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチが選出された。 3月28日から4月3日の期間中、4試合に出場したヤン...
別窓で開く

バスケットボールの試合でMVPとなったのは負けた大学のチアリーダー
NBAワシントン・ウィザーズの八村塁選手も大学時代に出場経験がある、バスケットボールの大学チャンピオンを決めるNCAA(全米大学体育協会)トーナメントが今年も始まりました。3月17日にオレゴン州ポートランドで行われたインディアナ大学とセント・メリーズ・カレッジの試合は、82対53の大差でセント・メリ...
別窓で開く

得点製造機デュラント、名司令塔トーマス、守備職人ペイトン…NBAの歴代ベスト“ドラフト2位チーム”を選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は“ドラフト2位指名”の...
別窓で開く

コビー&シャック??最高のデュオにして最大のライバルが生んだ醜聞やトラブル、そして栄光【NBAデュオ列伝|前編】
NBAには数多くの記憶に残るデュオがいた。ダーク・ノビツキーとスティーブ・ナッシュ(ダラス・マーベリックス)のように真の友情を育んだ者がいれば、マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペン(シカゴ・ブルズ)のような師弟コンビもあり、デニス・ロッドマンとビル・レインビア(デトロイト・ピストンズ)のような...
別窓で開く

“お買い得すぎる”大谷翔平の真価はトラウトを凌駕!? 気になる新契約のベストタイミングとは?「ずっと金銭的な綱渡りを」
偉才の動向が、野球ファンの心情を揺さぶっている。ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平の契約問題だ。 4年前にエンジェルスとの契約を締結した大谷の現年俸は、2年総額850万ドル(約9億7400万円)と見られている。その内訳は、2021年は年俸300万ドル(約3億4400万円)、2022年は年俸550万...
別窓で開く


[ インディ nba mvp ] の関連キーワード

dunkshoot ジョーダン トーマス nba mvp