本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「僕はテレビで見たことは信じない」テイタムがデュラント獲得の噂に言及「このチームとここにいる皆が大好き」<DUNKSHOOT>
ジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンの2枚看板を中心に、昨季12年ぶりにNBAファイナルに勝ち進んだボストン・セルティックス。 頂上決戦ではゴールデンステイト・ウォリアーズに2勝4敗で敗れて優勝は逃したものの、今夏にトレードでインディアナ・ペイサーズからマルコム・ブログドン、アトランタ・ホーク...
別窓で開く

誰もが認めた天賦の才??“レインマン”ショーン・ケンプのキャリアはどこで狂ったか【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
■大学バスケ未経験でNBA入り。KG、コビー、レブロンの大先輩 1995年のドラフト5位でミネソタ・ティンバーウルブズに入団したケビン・ガーネット以来、コビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)、ドワイト・ハワード(無所属)ら、高卒でスターになった選手は何...
別窓で開く

アンファニー“ペニー”ハーダウェイ??1990年代のリーグで一際眩い輝きを放った“マジック二世”【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフト1位指名権はオーランド・マジックが獲得。過去、マジックは3回1位指名権を得たことがあり、1992年のシャキール・オニールと2004年のドワイト・ハワードはいずれも大黒柱へと成長し、チームをNBAファイナルまで導いた。 だが、残るもう1回——1993年に1位指名したクリス・ウェバー...
別窓で開く

「私は彼を追い出した」カリーの恩師が大学時代のエピソードを明かす「驚くべき方法で練習に励んでいた」<DUNKSHOOT>
現地時間6月13日(日本時間14日)、サンフランシスコのチェイス・センターで行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズとボストン・セルティックスのNBAファイナル第5戦はホームのウォリアーズが104−94で勝利。 第4戦で43得点を叩き出したウォリアーズのエース、ステフィン・カリーは16得点、8アシ...
別窓で開く

大ケガを乗り越え、ファイナルへ返り咲いたトンプソン。かつてレジェンドから受けた影響を元NBA選手の父が明かす<DUNKSHOOT>
現地時間6月2日(日本時間3日)、ボストン・セルティックスとゴールデンステイト・ウォリアーズによるNBAファイナル第1戦が、カリフォルニア州サンフランシスコのチェイス・センターで幕を開けた。 第1クォーターはステフィン・カリーの3ポイントが面白いように決まり、単一クォーターにおけるファイナル新記録と...
別窓で開く

「以前は5つの選択肢があったけど今はない」現代NBAにウォージーが見解。古巣レイカーズには「再建を拒否した」<DUNKSHOOT>
現代NBAはマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズ)やコビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)からバトンを受け取った“キング”ことレブロン・ジェームズ(レイカーズ)は37歳となり、世代交代が徐々に進んでいる。 そのなかで、NBA人気が徐々に高まっていた1980年代に...
別窓で開く

「この男は競争心ゼロだ」ネッツデビューが白紙に戻ったシモンズを伝説OBレジーが痛烈批判<DUNKSHOOT>
現地時間2月10日のトレード・デッドライン当日に、フィラデルフィア・セブンティシクサーズからブルックリン・ネッツへ移籍したベン・シモンズ。25歳の大型PG(ポイントガード)は、シクサーズではチームとの関係性が拗れ出場を拒否、ネッツでも故障により新天地デビューを果たせず、今季ここまで1試合もプレーして...
別窓で開く

“史上最低のドラ1チーム”を識者が選定。ベネット、クワミ・ブラウンら“ある意味有名な選手”が勢揃い<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く

共通点は“ニックス憎し”。ミラー&ジャクソンの“ヒール・コンビ”が誕生するまで【NBAデュオ列伝|前編】<DUNKSHOOT>
2005年にレジー・ミラーが引退したとき、ニューヨークのバスケットボールファンは胸を撫で下ろしたはずだ。なにせ彼はニューヨーク・ニックスの最大の宿敵だった。プレーオフでは幾度となくクラッチショットを決められたあげく、「ニックスはビビリ野郎の集団さ」などと屈辱的な言葉さえ投げつけられたからである。...
別窓で開く

「私ならエンビードに投票する」ドクターJが今季のMVPを予想!「ただ最も相応しい男はヨキッチだ」<DUNKSHOOT>
NBAの2021−22レギュラーシーズンは最終盤へ突入し、主要アウォードの有力候補選手たちも徐々に絞られてきた。 今季の最優秀選手であるMVPは、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ(セルビア出身)、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビード(カメルーン出身)、ミルウォーキー・バッ...
別窓で開く


[ インディ nba dunkshoot レジェンド ] の関連キーワード

dunkshoot ジャクソン レジェンド トンプソン ベネット
nba ミラー ケンプ コンビ

<前へ1234次へ>