本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



バード&マクヘイル——セルティックスに黄金期をもたらした正反対な2人の“埋められない溝”【NBAデュオ列伝|前編】
■境遇こそ似ていたが性格は正反対だった2人 ボストン・セルティックスはNBAにとって特別な存在だ。華やかさ、一般的な人気ではロサンゼルス・レイカーズに一歩譲るとはいえ、伝統の重みという点で、セルティックスを上回るチームはない。 そのセルティックスの80年代を支えていたのが、ラリー・バードとケビン・マ...
別窓で開く

「コートに戻れなくてがっかりした」勝負所でベンチに下げられたウエストブルックが心境を吐露「自分を犠牲にすることも必要」<DUNKSHOOT>
「驚いたのは事実だ。(コートへ)戻れなくてがっかりした。でもそれ以上に残念だったのは、俺たちが試合に負けたこと。俺はフロアに立ってチームメイトたちを助けたいし、俺たちのチームが勝利する手助けをしたいんだ……だがあれは(レイカーズが勝つための)決断だったってことさ」 現地時...
別窓で開く

「スキルでは歴代ベスト」敵将から称賛されたアービング。本人は「自分を証明し続けないといけない」と決意<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツは、2022年に入って2勝4敗と失速感が否めない。ジェームズ・ハーデンが左ヒザの痛みを抱え、大黒柱であるケビン・デュラントへの負担が増すなかで、“パートタイム・プレーヤー”として戦列復帰したカイリー・アービングにかかる期待は大きい。...
別窓で開く

ワクチン未接種のアービングが今季初出場で22得点!今後も「チームに必要なことは何でもやる」<DUNKSHOOT>
現地時間1月5日、ブルックリン・ネッツは敵地でインディアナ・ペイサーズと対戦し129−121で勝利。連敗を3で止め、今季の成績を24勝12敗とした。 この試合ではネッツの主軸の1人で、新型コロナウイルスのワクチン未接種を継続してきたカイリー・アービングが今季初出場。...
別窓で開く

主力不在も好調のネッツ。「自信が深まっている」ハーデンに加え、アービングも年明けに復帰へ<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツは今季、ケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデン、カイリー・アービング、ラマーカス・オルドリッジといった主力選手たちが新型コロナウイルスの安全衛生プロトコル入りしたことで3試合が延期に。さらに、ジョー・ハリスが足首を痛めて戦線離脱と、厳しい状況に立たされてきた。...
別窓で開く

カリーの3ポイントは現役NBA選手にも影響を与えていた!ラプターズのエースが感謝「僕に可能性を示してくれた」<DUNKSHOOT>
現地時間12月14日(日本時間15日)のニューヨーク・ニックス戦、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーがレギュラーシーズンにおける3ポイント成功数でNBA歴代1位に浮上した。 舞台は聖地マディソン・スクエア・ガーデン。...
別窓で開く

「時間の問題だった」カリーの“偉大な3ポイント記録”更新にOBは平然「初めて見た時から、俺には分かっていた」<DUNKSHOOT>
現地時間12月14日、聖地マディソンスクエア・ガーデン(MSG)で行なわれたニューヨーク・ニックス戦で、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが第1クォーター中盤までに2本の3ポイントを成功。これにより、レイ・アレン(元シアトル・スーパーソニックスほか/2973本)の記録を抜いて、レギ...
別窓で開く

「相手を軽蔑する必要があるのか?」ジャバーがレブロンのセレブレーションを痛烈批判「あんな下らない幼稚なダンス」<DUNKSHOOT>
キャリア19シーズン目を迎えた今季も、ここまで平均36.9分、25.6点、5.7リバウンド、6.8アシスト、1.8スティールと見事な個人スタッツを残しているレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)。だが、チームは現時点でウエスタン・カンファレンス6位(12勝12敗/勝率50.0%)と、優勝候...
別窓で開く

NBA史上ワーストの大惨事!「73点差」での大敗にサンダーの指揮官も絶望「本来あるべき姿ではなかった」<DUNKSHOOT>
「今夜は我々の本来あるべき姿ではなかった。私はこのチームがこれまで競争という観点で間違いなく(コートで)見せてきたと思っている。だが、今夜は我々がどんなチームなのかを示すことができなかった」 現地時間12月2日(日本時間3日、日付は以下同)のメンフィス・グリズリーズ戦を終えたオクラホマシティ・サンダ...
別窓で開く

3度の延長の末に敗れたレイカーズの“問題点”をOBが指摘「あれが相手チームに火をつけるんだ」<DUNKSHOOT>
現地時間11月26日(日本時間27日、日付は以下同)に行なわれたサクラメント・キングスとロサンゼルス・レイカーズによる一戦は、3度のオーバータイムにもつれる大激戦となった。 試合はキングスが終盤に抜け出し、最終スコア141−137で勝利。...
別窓で開く


[ インディ スティール ] の関連キーワード

dunkshoot レブロン バード nba

<前へ123456789次へ>