本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「TIMEX 80」新色は斬新な組み合わせが結構かわいいぞ!
1980〜’90年代に誕生したTIMEX(タイメックス)の定番コレクション“Classic Digital(クラシック・デジタル)”は、通称“角デジ”とも呼ばれ、ベーシックな機能と80年代のレトロなテイストのデザインが人気を呼んだロングセラー。...
別窓で開く

2022年の“イルクジ”は吹き出す水しぶきでできる虹がモチーフ!
イルカ・クジラを通じて海や自然の魅力を届けるアイサーチ・ジャパンと、“Love The Sea And The Earth”というテーマのもと、1994年から毎年コラボモデルを発売しているG-SHOCK、BABY-G。“イルクジ”の愛称で根強い人気を誇るこのシリーズから、今年も新作が登場します。...
別窓で開く

八角形ケース&アナログ仕様のシンプルG-SHOCKに3カラー追加!
僕らのそばにはいつもG-SHOCKがある、といっても過言ではない同ブランドから、初代モデルのDNAを受け継ぐ「GA-2100」シリーズに待望の新色が登場しました。初号機「DW-5000C」採用の八角形(オクタゴン)ケースを継承し、アナログの文字盤と軽量・薄型でクラシカルとモダンさが融合するG-SHO...
別窓で開く

G-SHOCKらしい無骨な八角形ケースにメタル素材がマッチ!
G-SHOCKの「GA-2100」といえば、“初代G-SHOCK”こと「DW-5000C」のコンセプトを受け継ぐ八角形フォルムが話題を呼んだ、デジアナコンビモデル。2019年の発売以来、シンプルなデザインと視認性の高さ、薄型設計による装着感の良さが、若い世代を中心に世界的な人気を集めるカジュアルウォ...
別窓で開く

2021年のG-SHOCK「イルクジ」はFROGMANベースもあるぞ!
カシオのG-SHOCKより、夏、そしてマリンレジャーにピッタリなモデルが登場。環境団体であるアイサーチ・ジャパン(国際イルラ・クジラ教育センター)とのコラボによる人気の“イルクジ”シリーズ2021モデルとして、「GWF-A1000K-2AJR」(11万円)、「GWX-5700K-2JR」(2万750...
別窓で開く

素材選びと加工技術の妙が光る!百花繚乱のカラフルG-SHOCK 6選【G-SHOCK最新モデルの魅力】
【特集】G-SHOCK最新モデルの魅力G-SHOCK=ブラックというイメージを抱く人もいるだろうが、1990年代頃からは多彩なカラーのモデルが登場。近年は素材の選択肢が増え、着色技術も豊富になってきた。時計としての個性を際立たせるだけでなく、自己表現にもつながるカラーリングもG-SHOCKの魅力だ。...
別窓で開く

2020年の「イルクジ」はデザインもまんまイルカとクジラ!
イルカとクジラには、抗えないかわいらしさがありますよね。カシオの「G-SHOCK」と「BABY-G」にも、1994年から始まった“イルカ・クジラモデル” “イルクジ”などの愛称で長年多くの人々に親しまれてきたモデルがあります。...
別窓で開く


<前へ1次へ>