本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“アントニオ猪木を撮り続けた男”原悦生「猪木さんの死に実感が湧いてきた」
プロレスファンにはおなじみの写真家・原悦生は、“アントニオ猪木を半世紀以上撮り続けた男”だ。文章の力で猪木を伝えたのが村松友視、言霊の力で猪木を伝えたのが古舘伊知郎だとすると、瞬間瞬間の真実を切り取る写真で猪木を伝え続けたのは原だった。2022年10月、アントニオ猪木が亡くなった。...
別窓で開く

日米安保体制に一石を投じる「反撃能力でトマホーク500発購入」の真意 「いざとなれば米軍が日本を守ってくれる」と決して楽観視できない現実
「12式改」完成まで待てない危機感 自民・公明の与党は自衛隊の「反撃能力」保持合意に漕ぎつけ、今後安保関連3文書にも正式に盛り込むことになる。 つまりは敵の射程外から撃てる「スタンド・オフ兵器」の“解禁”で、仮に某国が弾道ミサイルで日本攻撃の準備に入った場合、「自衛の範囲」との解釈で発射直前にミサイ...
別窓で開く

ロシア軍の砲弾不足はかなり深刻 かつての仲間はNATOへ寝返り、経済制裁による影響も
 大量の砲弾が消費されているウクライナの戦争では、アメリカとロシアの“我慢比べ”が続いているようだ。まずはロシアから見てみよう。AFP=時事は11月24日、「ロシア軍に『著しい』砲弾不足 米国防長官」の記事を配信した。 *** 記事はアメリカのロイド・オースティン国防長官(69)の発言を伝えたものだ...
別窓で開く

また判明したロシア軍のグダグダ ロシア本土攻撃に使われたウクライナ軍“特製ドローン”の正体
 ウクライナ軍に本土を攻撃され、ロシア軍は真っ青──読売新聞オンラインは12月7日、「ウクライナ無人機攻撃で露本土被害、プーチン政権に衝撃…『防空網に不備』批判も」の記事を配信、YAHOO!ニュースのトピックスにも転載された。担当記者が言う。...
別窓で開く

米有力紙「北朝鮮を核保有国として認めよう」「これまでの外交政策は失敗」
北朝鮮の相次ぐミサイル挑発に加え、7回目の核実験の可能性さえ持ち上がるなか、北朝鮮を核保有国として認め、「朝鮮半島非核化」構想を廃棄しなければならないという主張が米国の一部で持ち上がっている。ブルームバーグ通信は24日(現地時間)のコラムで「数十年間持続した朝鮮半島非核化構想は失敗した」とし「北朝鮮...
別窓で開く

日本の安全保障における「盲点」とは何か? PKO法成立から30年の節目に考える。伊勢﨑賢治氏×布施祐仁氏×渡邊隆氏鼎談
2022年6月で自衛隊の海外派遣を可能にしたPKO法が制定されて30年。この節目に『自衛隊海外派遣 隠された「戦地」の現実』(集英社新書)を上梓したジャーナリスト・布施祐仁氏が、日本初のPKOとなったカンボジア派遣で施設大隊長を務めた渡邊隆氏と、東ティモールなど紛争地で国連職員として県知事を務めたり...
別窓で開く

失うものがない北朝鮮 親ロ派独立承認し、ウクライナから「国交断絶」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が7月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナが表明した北朝鮮との国交断絶について解説した。...
別窓で開く

「韓国はNATOの東方十字軍の弾除け」北朝鮮が非難
北朝鮮国営の朝鮮中央通信は29日、日韓の首脳が北大西洋条約機構(NATO)首脳会議にオブザーバーとして初めて参加することを巡り、「遠からず北大西洋の黒い波が太平洋の静かさを破る不吉な兆し」だとする論評を配信した。...
別窓で開く

「撃たれるときは後ろから」ウクライナの最前線を取材してきた“不肖宮嶋” 防弾チョッキ現物を辛坊治郎が試着
辛坊治郎が6月27日(月)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。報道カメラマンの宮嶋茂樹が世界の紛争地で使用してきた防弾チョッキを持参し、辛坊が試着。「撃たれるときは後ろから」と戦場取材の知られざる実態が明かされた。辛坊治郎、宮嶋茂樹番組には“不肖宮...
別窓で開く

北朝鮮では今でも現役 ソ連初の可変翼戦闘機MiG-23「フロッガ—」初飛行-1967.6.10
実はアメリカも密かに飛ばしていました。F-14「トムキャット」とは似て非なる可変翼構造 1967(昭和42)年の6月10日、旧ソ連(現ロシア)が開発した戦闘機MiG-23が初飛行しました。なお、同機には北大西洋条約機構(NATO)が使用するコードネームとして、「フロッガー」という名が付けられていたこ...
別窓で開く


<前へ12次へ>