本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



14億人もいるのに中国はなぜ弱い? 世界中のサッカーファンが疑問に思っている—韓国メディア
中国のサッカー専門メディア・射門中国は19日、「中国サッカーがダメな理由を韓国メディアが分析した」との記事を掲載した。記事によると、韓国メディアのニュース1に掲載されたコラムは、2026年のワールドカップ(W杯)米国・カナダ・メキシコ大会から、出場国がこれまでの32カ国から48カ国に増えることに触れ...
別窓で開く

英「チャレンジャー2」戦車ウクライナへ 戦場の「ゲームチェンジャー」たりうるか?
イギリスがウクライナへの供与を発表した主力戦車「チャレンジャ−2」は、戦況を一変させるゲームチェンジャーとなりうるのでしょうか。先代「チャレンジャー1」からの戦歴やその特徴、懸念される課題などを解説します。西側主力戦車として初のウクライナへの供与 2023年1月14日、イギリスが「チャレンジャー2」...
別窓で開く

FIFA年間アウォードの各候補者が発表…ファンアワードには日本も候補入り
国際サッカー連盟(FIFA)は12日、ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2022のノミネート者を発表した。 2022年の同賞は、2021年8月8日から2022年12月18日(女子は2021年8月7日から2022年7月31日)までの期間を対象にクラブと代表チームで活躍した選手と監督を表彰する。...
別窓で開く

森保監督「実は“ドーハの悲劇”に特別な思いはないのです」
サッカー日本代表監督の森保一氏が12月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日本国内を歓喜に包んだサッカーワールドカップカタール大会について解説した。...
別窓で開く

W杯、アジア勢は次回も活躍できるか—出場枠増で中国にもチャンス?
カタールで開催されていたサッカーのワールドカップ(W杯)はアルゼンチンの3度目の優勝で幕を閉じた。この大会は、歴史的な名勝負となった決勝戦を筆頭に好試合が多く、1970年メキシコ大会からW杯を見続けてきた私にとっても印象に残る大会だった。アフリカ勢として初めて準決勝に進出したモロッコの躍進が注目を集...
別窓で開く

 タイ米輸出業協会のジャルーン会長は、主要市場が年末年始の需要を維持していることから、11月のコメ輸出が75〜80万トンに達すると予想。今年の目標の750万トンを達成する可能性が高いとの見通しを示した。 1〜10月のコメ輸出量は、前年同期比33%増の620万トン、輸出額は32%増の1,092憶6,0...
別窓で開く

日本、コスタリカにどうやって勝つ? キーマンは久保建英か。リスクマネジメントの徹底とセットプレーの守備も重要【W杯】
 カタール・ワールドカップのグループステージ初戦で、日本はドイツに2−1で競り勝ち、白星スタートを切った。前半に先制を許すも、後半に堂安律、浅野拓磨のゴールで逆転。優勝候補相手に大金星を挙げた。 次の相手はコスタリカ。連勝を期す一戦で森保ジャパンはどんな戦いを見せるか。...
別窓で開く

W杯対戦3か国に“ヒント”を与えた!? カナダ代表に逆転負け…日本代表の弱点を各国メディアが指摘「弱さをさらけ出した」
現地時間11月16日、日本代表がカタール・ワールドカップ前の最後のテストマッチを行ない、カナダ代表に1-2で敗れた。 UAEのドバイでの一戦、レギュラー当落線上にある選手や怪我明けで長く戦線を離脱していた選手が多くスタメンに名を連ねた日本は、開始9分に柴崎岳の縦パスに相馬勇樹が巧みなダイレクトボレー...
別窓で開く

 11月20日に幕を開けるカタール・ワールドカップ。4年に一度の大舞台では、どんな戦いが繰り広げられるか。本稿ではグループごとに出場国の横顔を紹介し、決勝トーナメント進出に向けた争いを展望する。今回はグループEだ。——◆——◆——■ドイツ(18大会連続20回目の出場) 連覇がかかった前回大会はメキシ...
別窓で開く

中国海洋石油、22年1〜9月期の純利益は前年同期から倍増の1078億〜1098億元に
 中国海洋石油(00883/香港、600938/上海)が10月16日、2022年1〜9月期の業績予測を発表し、純利益が前年同期比で倍増する見通しを示した。  同社は1999年設立の国有企業で、2001年2月に米ニューヨーク証券取引所と香港証券取引所に上場した。21年10月にニューヨークで上場廃止とな...
別窓で開く



<前へ123次へ>