本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“世界最強”戦車がウクライナ軍へ…「レオパルト2」の実力とは?前線投入で領土の奪還どうなる?戦闘エスカレーションの懸念も?【サンデーモーニング】
ウクライナに戦車を送るべきかどうか、第二次大戦の反省などから慎重姿勢を貫いてきたドイツが、ついに「レオパルト2」の供与を決断。アメリカの「エイブラムス」、イギリスの「チャレンジャー2」などとともに、今後、ウクライナ軍の前線に投入されることになります。...
別窓で開く

ウクライナでどう戦う? 「チャレンジャー2」「レオパルト2」「エイブラムス」最強戦車トップ3供与
イギリスがウクライナへ「チャレンジャー2」戦車の引き渡しを決めると、ドイツとアメリカも日を置かずに各々「レオパルト2」とM1「エイブラムス」戦車の供与を決定しました。これら戦車は対ロシア戦でどう使われるのでしょうか。事実上のNATO標準戦車「レオパルト2」最大100両へ イギリス政府は2023年1月...
別窓で開く

“アントニオ猪木を撮り続けた男”原悦生「猪木さんの死に実感が湧いてきた」
プロレスファンにはおなじみの写真家・原悦生は、“アントニオ猪木を半世紀以上撮り続けた男”だ。文章の力で猪木を伝えたのが村松友視、言霊の力で猪木を伝えたのが古舘伊知郎だとすると、瞬間瞬間の真実を切り取る写真で猪木を伝え続けたのは原だった。2022年10月、アントニオ猪木が亡くなった。...
別窓で開く

ウクライナへ米独戦車供与、地上戦一変の可能性…高火力・弾薬補給を容易に
 【ロンドン=池田慶太、ワシントン=田島大志】ドイツと米国の主力戦車がウクライナに供与されれば、ロシア軍との地上戦を一変させる可能性がある。 現在ウクライナ軍が使用する旧ソ連製の戦車は消耗が激しく、砲弾も枯渇気味だ。欧米製戦車は火砲、装甲、機動力面で性能が高く、西側諸国から中長期にわたり弾薬補給や修...
別窓で開く

英「チャレンジャー2」戦車ウクライナへ 戦場の「ゲームチェンジャー」たりうるか?
イギリスがウクライナへの供与を発表した主力戦車「チャレンジャ−2」は、戦況を一変させるゲームチェンジャーとなりうるのでしょうか。先代「チャレンジャー1」からの戦歴やその特徴、懸念される課題などを解説します。西側主力戦車として初のウクライナへの供与 2023年1月14日、イギリスが「チャレンジャー2」...
別窓で開く

うわっ…このT-72戦車もろくね!? 湾岸戦争で問題になった「モンキーモデル」ってナニ?
1991年1月17日は湾岸戦争の開戦日です。この戦争では地上軍の投入からわずか数日で決着がつきましたが、その原因のひとつとして、意図的に性能を落とした兵器であるモンキーモデルの存在が指摘されています。イラク軍のT-72が湾岸戦争で弱かった原因は? 1991年1月17日は、イラクにアメリカを中核とした...
別窓で開く

5年連続で「世界最強」日本のパスポート 強いと何が良い?識者が指摘する「移動の自由」以外の理由
ビザなしで渡航できる目的地(都市)の数をランキング化した「ヘンリーパスポートインデックス」の最新版が2023年1月10日付で発表され、日本のパスポートが5年連続で1位になった。ランキングはコンサルティング会社の「ヘンリー&パートナーズ」が国際航空運送協会(IATA)のデータをもとに、199か国・地域...
別窓で開く

米国を悩ますミッションクリープ、パトリオット供与で現実味 ウクライナ戦争は2023年、米国とロシアの代理戦争へ発展か
 2022年12月21日、米政府はある重大発表をした。 ウクライナに長距離の地対空ミサイル「パトリオット」を初めて供与すると発表したのだ。 すでに主要メディアが報じてから1か月ほどの月日がたつ中で、当欄であえてパトリオット供与を取り上げたのは理由がある。 ジョー・バイデン政権がウクライナへの軍事支援...
別窓で開く

中国が台湾に進攻したら?米シンクタンク「米日台が勝利も大きすぎる代償」—独メディア
2023年1月10日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、台湾海峡で軍事衝突が発生した場合のシミュレーション結果を米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)が発表したと報じた。記事は、CSISが9日に台湾海峡で軍事衝突が発生した場合の結果について、24のケースごとにシミュレーションし...
別窓で開く

【徹底予測】ウクライナ軍「次の大反攻」はどこだ? 射程150kmのハイマース新砲弾が切り札に!
在庫が足りない従来のハイマース砲弾の代わりにアメリカが供与を検討している「GLSDB」は小直径爆弾にロケットモーターを組み合わせたもの今年2月末でロシア軍の侵攻開始から丸1年となるウクライナ戦争。それに前後して、久しぶりに大きな動きがありそうだ。動員兵を捨て駒のように使う露軍と、犠牲を抑えながら最...
別窓で開く