本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スペインGP10位入賞の角田裕毅に各国メディアは軒並み高採点&称賛コメント! 苦労の末のポイント獲得に「素晴らしい週末」
F1第6戦のスペイン・グランプリで、アルファタウリの角田裕毅は13番手スタートから10位入賞を飾り、2戦ぶりのポイント(1点)獲得を果たした。 車が安定せず、予選ではQ2進出で「満足しなければならない」と語るほどの厳しい状態だったが、レースでは様々な困難に打ち克って我慢強く安定したドライビングを披露...
別窓で開く

角田裕毅のスペインGPはベスト内容。予選でガスリーを助け、決勝でアロンソと互角の勝負を演じた
 気温が39度に達した灼熱のスペインGP決勝を終えて、マシンから降りた角田裕毅(アルファタウリ)は疲労困憊の様子だった。「すごく長いレースでした。マイアミも結構きつかったですけど、今回は戦っているポジションが上だったので、全体的に考えると今回が一番きつかったかなと思います」 低速コーナーから高速コー...
別窓で開く

角田裕毅は「苦労してない」一方、ガスリーは持ち味を生かせず。いまだ解決できぬマシンのダウンフォース不足
 第6戦スペインGPで2022年のF1は本格的なシーズンの始まりを告げる。4月にイモラ(第4戦エミリア・ロマーニャGP)でレースが行なわれているとはいえ、本当の意味でのヨーロッパラウンドが始まるのはここからだ。 選手権をリードするフェラーリや、いまだバウンシング問題に苦しむメルセデスAMGなど、各チ...
別窓で開く

【F1】角田裕毅、昨季抱いた「表彰台」「日本人初優勝」への願望を封印! 成長した“チームプレーヤー”が重視するのは?
F1で過去に表彰台に上がったのは、1990年日本グランプリでの鈴木亜久里(当時ローラ所属)、2004年米国GPの佐藤琢磨(B・A・R)、そして2012年日本GPでの小林可夢偉(ザウバー)の3人だけである。...
別窓で開く

【F1】英専門メディアが角田裕毅を「今季株を上げたドライバー」に選出! 2年目の進化に注目度上昇「同僚ガスリーを時に上回る」
2022年F1世界選手権はここまで5戦が終わり、様々なレースが見られたのと同じように、各ドライバーもそれぞれ異なるパフォーマンスを発揮し、その中で明暗も分かれることとなった。 まだ序盤戦の途中ではあるが、英国のモータースポーツ専門サイト『THE RACE』が「2022年に株を上げたドライバー、下げた...
別窓で開く

マイアミGPで苦戦も…角田裕毅の“進歩”を専門メディアが絶賛! 「ユウキの成長ぶりを追うのは興味深い!」
F1第5戦のマイアミ・グランプリで、アルファタウリの角田裕毅は9番グリッドからのスタートで2戦連続のポイント獲得が期待されたが、グリッド不足に苦しんで順位を落とし、12位でレースを終えている。...
別窓で開く

【F1第5戦】予選で「感銘を与える」も決勝は「印象に残らない」 マイアミGP12位の角田裕毅への各国メディアの採点&寸評は?
F1第5戦のマイアミ・グランプリで、アルファタウリの角田裕毅は9番グリッドからスタートしたものの、12位フィニッシュでポイント獲得は果たせなかった。 前回のエミリア・ロマーニャGPでは厳しい状況を自らの力で打破して今季最高の成績(7位)を残すなど、成長ぶりを感じさせた日本人ドライバーは、今回もセッシ...
別窓で開く

【マイアミGP】角田裕毅、今季予選最高位の9番手に手応え! レッドブル顧問も「才能を開花させている」と賛辞
F1第5戦のマイアミ・グランプリは5月7日に予選が行なわれ、アルファタウリの角田裕毅は今季初めてのQ3進出を果たし、9番手グリッドから決勝を迎えることとなった。...
別窓で開く

【F1】角田裕毅、マイアミの新コースに「最高に楽しめた」と好印象も「レコードラインを逸れると」と難しさも指摘
F1第5戦のマイアミ・グランプリが開幕し、5月6日には2回のフリー走行(FP1、FP2)が実施された。...
別窓で開く

角田裕毅、米新コースに好印象! 蘭メディアは同僚ガスリーとの“追い抜き”の見解違いに注目「マイアミに異なる期待を抱く」
今週末に開幕するF1第5戦のマイアミ・グランプリに先駆けて、アルファタウリの角田裕毅が意気込みなどを語っている。【PHOTO】2022年シーズン始動!F1全チームの新車を一挙紹介! 2週間前の“ホームレース”エミリア・ロマーニャGPでは、予選で16位に沈んだものの、今季初実施...
別窓で開く


[ イモラ ] の関連キーワード

スペイン マイアミ