本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



DeNA、新型コロナから回復のソトが今週中にも1軍復帰へ
 DeNAのネフタリ・ソト内野手が、最短で9日からの本拠地・阪神3連戦中に1軍に合流する可能性が浮上した。 同選手は7月21日に新型コロナウイルスの陽性判定を受け、1日に2軍の練習に合流。7日のイースタン・リーグ、ロッテ戦で実戦復帰していた。...
別窓で開く

【NBA】レブロンが今季2度目の50得点でレイカーズがウィザーズを撃破!八村は15得点も後半は不発<DUNKSHOOT>
現地時間3月11日(日本時間12日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズは敵地でロサンゼルス・レイカーズと対戦して109−122で敗戦。八村塁は途中出場で25分36秒プレーし、15得点(フィールドゴール6/11、3ポイント2/3、フリースロー1/2)、6リバウンド、1アシスト、1スティールを記録し...
別窓で開く

阪神はスアレス、広島は鈴木誠也の穴埋めが急務。中日は若手の台頭で貧打解消?【全12球団春季キャンプの注目ポイント/セ・リーグ編】
2月1日からいよいよ春季キャンプでは、2022年シーズン開幕へ向け、それぞれのチームで激しいポジション争いが展開される。セ・リーグ6球団で最も注目すべきポイントをそれぞれリストアップした。■ヤクルト:遊撃のレギュラーがようやく固まるか? 他のポジションはおおむね確固たるレギュラーがいるだけに、日本一...
別窓で開く

屈辱のドラフト指名漏れから、セルティックスの“陰のキーマン”へ。エースと指揮官も一目置くブラッド・ワナメイカーのキャリア
ヒューストン・ロケッツのセンターとして存在感を発揮しているPJ・タッカーと同様に、今年のプレーオフで奮戦中の“欧州カムバック組”の1人が、ボストン・セルティックスに所属するガード、ブラッド・ワナメイカーだ。 第7戦までもつれこんだトロント・ラプターズとのイースタン・カンファレ...
別窓で開く

【8月20日のNBAハイライトトップ10!】アデトクンボ、レブロン、バトラーらがスーパープレーを連発!
各地でプレーオフ1回戦の激闘が繰り広げられているNBA。8月20日(日本時間21日、日付は以下同)はイースタン・カンファレンスのミルウォーキー・バックス対オーランド・マジック戦、同マイアミ・ヒート対インディアナ・ペイサーズ戦、ウエスタン・カンファレンスのロサンゼルス・レイカーズ対ポートランド・トレイ...
別窓で開く

試合終盤は“ミラー・タイム”開演。苦難を乗り越え人々の記憶に刻まれた伝説の名シューター【NBAレジェンド列伝・後編】
■優勝未経験に終わるも、抜群の勝負強さで名場面を演出 努力が実り、レジー・ミラーの名が世間に広く知れ渡ったのは1993−94シーズンだった。プレーオフでは毎年1回戦敗退を繰り返していたインディアナ・ペイサーズだったが、名将ラリー・ブラウンの指導もあって初めてイースタン・カンファレンス決勝に駒を進める...
別窓で開く

【今週のセ・リーグ展望】2位のヤクルトは山田不在がどう影響するか。中日・大野は今季初勝利のチャンス?
●巨人-DeNA(東京ドーム)28日(火)菅野智之ー井納翔一29日(水)戸郷翔征ー濵口遥大30日(木)メルセデスー大貫晋一 7月14日から続いていた連勝は、原辰徳監督の誕生日だった22日に中日に敗れて7で止まったものの、2位ヤクルトと3.5ゲーム差で首位をキープする巨人。...
別窓で開く

【セ・リーグ6球団のニューカマー】11年目の堂林翔太がついに開花!ヤクルトは投打に選手が覚醒して躍進
開幕から1ヵ月が経ち、レギュラーポジションを争う動きが激化している。失っていく者がいる一方で、勝ち取っていく者が出てきて、チームに新たな風を吹き込んでいるのだ。 セ・リーグを一歩抜け出した巨人は、「1番打者の不在」が近年の課題だった。昨季の終盤から1番を務めた亀井善行の起用を念頭に入れつつ、開幕直後...
別窓で開く

【2020年タイトルホルダー大予想:セ・リーグ編】鈴木誠也の三冠王に立ちはだかる大きな壁とは?菅野と今永の最多勝争いに割って入るのは意外な伏兵の……
ついに6月19日、2020年のプロ野球が開幕する。120試合の短縮シーズンとなる今年は、例年以上に激しいタイトル争いが予想されるが、果たして栄光をつかみ取るのは誰なのか。本命・対抗・大穴の3つに分けて、タイトル獲得者を予想してみた。...
別窓で開く


<前へ1次へ>