本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



メガクラブを揺るがす“いじめ自殺”の可能性。チェルシーの新オーナーは「旧体制の見直し」を宣言
 プレミアリーグの名門を巡る、驚くべき事態だ。 発端は現地時間6月29日付けのアメリカ紙『New York Times』の一報だった。チェルシーのマーケティング部門で働く12人の従業員が、上司からの非難に苦しんでいる実情を告白。人が多い場所での叱責をはじめ、無茶な振る舞いが繰り返されたことで、当初5...
別窓で開く

「チェルシーが競争力を持つとは思えない」スターリングの移籍にシティOBが待った!「過渡期。再建しなければならない」
 マンチェスター・シティのOBトレバー・シンクレア氏が、ラヒーム・スターリングの去就について、鋭い意見を飛ばした。英紙『Daily Mail』が6月23日付けで伝えている。 スターリングは、2015年夏にリバプールからシティに加入以来、コンスタントに結果を残し、2021-22シーズンは30試合で13...
別窓で開く

チェルシーの買収先がついに決定!ドジャースの共同オーナーらのグループと合意と発表!売却額約4000億円はウクライナ支援のために寄付
 チェルシーは5月7日、公式ホームページで、メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースの共同オーナーであるトッド・ボーリー氏らのコンソーシアムがチームを買収することで合意したと発表した。 このコンソーシアムには、ボーリー氏のほか、米投資グループのクリアレイク・キャピタル、ドジャースの会長マーク・ウォル...
別窓で開く

チェルシー買収計画にハミルトンが参戦!宿敵フェルスタッペンは「あれ? アーセナル・ファンじゃなかった?」とチクリ
世界中が注視しているイングランド・プレミアリーグ、チェルシーの買収レース。深刻化するウクライナ情勢を受けて、ロシア人オーナーであるロマン・アブラモビッチ氏が売却を決断しておよそ1か月半、いよいよ熾烈な入札競争は最終局面に差し掛かろうとしている。...
別窓で開く

カタールW杯のディープな情報が満載!グループリーグ展望や優勝候補9か国「徹底解剖」など【ワールドサッカーダイジェスト最新号は4月7日発売】
 4月7日(木)発売のワールドサッカーダイジェスト最新号は、カタールW杯の特集です。プレーオフ組を除いた29か国が出揃い、グループリーグの組分けも決定し、いよいよ大会の輪郭が見えたきた2022年W杯。冬に中東で開催と、初めて尽くしの祭典を、どこよりも早く展望、そしてガイドします! 特集を構成する主な...
別窓で開く

チェルシーに衝撃!ロシア人オーナーのアブラモビッチ氏がウクライナとの和平交渉中に毒殺の標的に? 露強硬派関与の可能性を米紙報道「目に激痛、皮膚が剥がれた」
 現地3月28日、衝撃のニュースが飛び込んできた。 米紙『The Wall Street Journal』が一報を報じ、英公共放送『BBC』など各国メディアが追って伝えたところによれば、チェルシーのロシア人オーナーであるロマン・アブラモビッチ氏が「毒殺されそうになった可能性がある」という。...
別窓で開く

外国人オーナーによるプレミアクラブ買収の先駆けとなったアブラモビッチ。あれほど愛されていたのに今では…【現地発】
 英国政府から制裁を科されたチェルシーは、ロマン・アブラモビッチの後ろ盾を受けずにシーズンを戦い続けている。チェルシーのファンにとってアブラモビッチは破産寸前に追い込まれたクラブを救った英雄だ。 買収劇は起こったのは2003年、ロシアのオリガルヒが36歳の時だった。当時のアブラモビッチは巨額の資金を...
別窓で開く

ウクライナ侵攻のサッカーへの影響。いきすぎた"拝金体質"は変わるか
札束で頬をはたかれ続けてきた欧州フットボール界が、戦争という一大事になって、ようやくそのカネに付着していた"血のり"を直視するようになった。本当はずいぶん前からわかっていたことなのだが、大金がもたらす勝利や愉悦、そしてスペクタクルに、大部分のファンは無批判に熱狂し、それを可能にしたパトロンを称えてき...
別窓で開く

チェルシーの買収に英投資会社が名乗り! シーズンパス保有者が入札の意向も、アブラモビッチ氏はオファーを拒否?
 プレミアリーグのチェルシーを買収すべく、ロンドンを拠点とする投資会社「セントリカス」が手を挙げたようだ。米スポーツチャンネル『ESPN』が現地時間3月22日付けで報じた。 同メディアによると、チェルシーの売却入札は18日に締め切られた。申し込みは20〜30にのぼり、個人や団体、企業などが名を連ねて...
別窓で開く

「あなたは本当に存在していた!」ジャーナリストの冗談にトゥヘルも笑い…プレミアに戻ってきた“記者会見”【現地発】
 プレミアリーグに帰って来たものがある。試合前日の記者会見だ。新型コロナウイルスの影響で、約2年間はオンラインで行なわれていたが、記者が入れるようになったのだ。 先日、その最初の試合となったチェルシー対ノーリッジの会見に足を運んだ。チェルシーの場合、本拠地であるスタンフォード・ブリッジから車で約1時...
別窓で開く



<前へ123456次へ>