本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアのウクライナ侵略は、戦後の国際秩序を根底から揺るがしている。ウクライナ国内でどんなにすさまじい非人道的な虐殺やレイプが行われていたとしても、アメリカはロシアといった核保有国相手には軍事的には直接手は出せないという厳然たる事実が明らかになってしまった。かつてアメリカはソマリア内戦に人道危機から軍...
別窓で開く

「米国の衰退没落があらわに」北朝鮮、アフガン問題で非難
北朝鮮の国際問題研究院研究者の李成根(リ・ソングン)氏は、アフガニスタン問題をめぐり米国を非難する文を発表した。朝鮮中央通信が17日、伝えた。北朝鮮がアフガニスタン問題に言及するのはこれが初めて。米国の朝鮮半島政策、および対北政策に対する批判と見られる。...
別窓で開く

北朝鮮のミサイル発射、制裁の危険をおかしてまで強行した目的に関心高まる=韓国報道
北朝鮮が15日、長距離巡航ミサイルに続き、国連安全保障理事会決議違反にあたる弾道ミサイルを発射したことで、朝鮮半島情勢が急激に冷え込んでいる。韓国政府が、朝鮮半島の平和プロセスを再稼動させるために、日米中などと積極的な外交を展開している状況で、このような挑発が続けば、南北および米朝対話の再開も一層難...
別窓で開く

アフガン協力者の後続措置について協議…北朝鮮に対する努力も強化=韓国大統領府NSC
韓国大統領府は2日、国家安全保障会議(NSC)の常任委員会会議を開き、韓国国内に入国したアフガニスタン現地協力者に対する初期措置について点検した。大統領府はこの日午後、ソ・フン(徐勲)国家安全保障室長の主宰で開催されたNSC常任委員会の会議でこのような懸案を点検した。...
別窓で開く

バイデン氏「日本・韓国・台湾・NATOは “アフガン”とは異なる」=韓国報道
ジョー・バイデン米大統領は 日本・韓国・台湾・NATO(北大西洋条約機構)などについて言及し、同盟国たちの懸念払拭(ふっしょく)に乗り出した。これは「アフガニスタン事態」を通して、同盟国たちの間で不安が拡がっているのを払拭しようとしたものとみられる。...
別窓で開く

ホワイトハウス「在韓米軍縮小はない」…同盟国の不安を遮断する意図=韓国報道
米国が在韓米軍削減の計画はないという点を明らかにした。ジョー・バイデン大統領がアフガニスタン撤退を巡って「国益がなければ去る」という趣旨の発言をした後、他の同盟国にも関心が集まったが、これに反論したものとみられる。...
別窓で開く

接戦の「アメリカ大統領選挙」 ポイントは“中国への姿勢”
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「アメリカ大統領選挙2020」です。対中国関係、経済政策が勝敗を分けるポイントに。共和党のドナルド・トランプ候補vs民主党のジョー・バイデン候補で繰り広げられているアメリカ大統領選挙。...
別窓で開く


<前へ1次へ>