本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ソビエト連邦のアフガニスタン侵攻(1978−89)では、「国際友好の義務を果たす」という政府の方針で、大量の若者が戦地に送り出された。やがて彼らは一人、また一人と、亜鉛の棺に納められ、人知れず家族のもとへ帰ってきた……。ジャーナリストとして初めてノーベル文学賞を受賞した作家による「戦争の記録」を紹介...
別窓で開く

ロ大統領、侵攻後初の外遊=中央アジアのタジクに
 ロシアのプーチン大統領は28日、中央アジアの旧ソ連構成国タジキスタンを訪問し、タジクのラフモン大統領と会談した。ロシアによる2月のウクライナ侵攻開始後、プーチン氏の外遊は初めて。 タジクはロシア主導の軍事同盟「集団安全保障条約機構(CSTO)」の加盟国。...
別窓で開く

山下泰裕「私たちは一生懸命やってきました。よろしくお願いします」〜心に響くトップアスリートの肉声『日本スポーツ名言録』——第8回
山下泰裕 (C)週刊実話Web「気は優しくて力持ち」のフレーズを地で行くように柔和な表情が印象深い山下泰裕氏。無双の柔道家としてその言動も真面目で優等生的なものがほとんどだが、何事にも揺るがぬ境地に達するまでには、幾多の苦難を乗り越えてきた。...
別窓で開く

ロシアの巧妙な戦略も通用しない非情な「傭兵の掟」とは?
6月15日(水)、ウクライナ東部のハリキウ周辺にて、ウクライナ軍にいた米国人戦闘員2名がロシア軍に拘束され、東部ドンバス地域の親露派武装勢力に引き渡された。その米国人2名は戦闘中に友軍から逸れ、森を彷徨し、集落に出た所でロシア軍に見つかり投降。その後ロシアのテレビに出演し、ひとりは母親に向けて『僕は...
別窓で開く

■ロシア軍の過大評価とウクライナ軍の過小評価ウクライナ紛争をきっかけにアメリカでは、米政府の情報部門が中国の軍事力を正確に評価できていないとする指摘が出はじめた。中国人民解放軍は、アメリカの諜報(ちょうほう)機関が想定しているよりもはるかに強大なのだろうか。ロシア軍に関する分析に目を向ければ、いまで...
別窓で開く

中国政府によるウイグル人への「洗脳」はやがて失敗する
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が5月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国の新疆ウイグル自治区などの視察を終えたミチェル・バチェレ国連人権高等弁務官の記者会見について解説した。25日、教師や学生代表との座談会で重要演説を行う習近平氏。...
別窓で開く

トルコ対クルド:民族意識と独立を賭けた根深い紛争『オペレーション:ウルフパック 特殊部隊・群狼作戦』
『オペレーション:ウルフパック 特殊部隊・群狼作戦』価格:4,180円(税込)/3,800円(税抜)発売元:(株)彩プロ販売元:TCエンタテインメント© 2019 Neslihan Boz - Jineps Yapim / All Rights Reservedシリア北西部からトルコ南部に...
別窓で開く

アメリカ軍制服トップが、「台湾は防衛可能な島」として、「台湾有事」が発生してもアメリカ軍は派兵しない、ウクライナ方式の「代理戦争」の検討を示唆した。アメリカが直接手を汚さないことで、イラク、アフガン戦争の失敗の再現や核保有国の中国との全面衝突というリスクを回避できる。同時に、直接参戦しなくてもアメリ...
別窓で開く

<パキスタン政権交代>対中関係は一層緊密化か、米露の動きも急=国際情勢の新たな波乱要因に
パキスタンの政権交代を受け米国、中国、ロシアがそれぞれ、新政権との関係構築に向け動き出しており、国際情勢への影響が注目される。◆前首相の「米国陰謀」説には疑問4月上旬、パキスタン下院は野党勢力が提出したカーン首相に対する不信任決議案を可決し、同首相は失職。新首相には最大野党「パキスタン・イスラム教徒...
別窓で開く

「 ロシアの目的が首都占領ならキーウ戦は“敗北”だが…」元対戦車ヘリパイロットの作家・砂川文次が考える“ウクライナ侵攻の終わり”
 北海道を舞台に、ロシア軍と日本の自衛隊の地上戦を描いた『 小隊 』。一小隊長を主人公に、突然始まる戦闘と壊れる日常を描写した作者の砂川文次氏は、元自衛官の芥川賞作家として注目を集めている。砂川さんが元陸上自衛隊航空科という経歴からどのようにウクライナ侵攻を見ているのか、話を聞いた。(全2回の1回目...
別窓で開く



<前へ1234次へ>