本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



欧米は大量の武器をウクライナに送り続けている。元外交官で作家の佐藤優さんは「戦争が終結すれば、不要になった武器は地方の軍閥から闇市場へ流れ、国際的な犯罪組織やテロ組織の手に渡ってしまう可能性が排除できない」という——。(連載第15回)■すでに大量の武器と弾薬がウクライナに送られている6月16日、エマ...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する...
別窓で開く

中国政府によるウイグル人への「洗脳」はやがて失敗する
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が5月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国の新疆ウイグル自治区などの視察を終えたミチェル・バチェレ国連人権高等弁務官の記者会見について解説した。25日、教師や学生代表との座談会で重要演説を行う習近平氏。...
別窓で開く

日本に暮らすクルド人少女の青春『マイスモールランド』が伝える難民・移民たちの現在
『マイスモールランド』©︎2022「マイスモールランド」製作委員会■日本しか知らない移民二世かねてより非人道的な処遇が横行していることが指摘されてきた日本の難民・移民政策。さらにパンデミックの影響で海外渡航が制限される中、ウクライナの戦禍から逃れてきた人々の受け入れに特例措置...
別窓で開く

伝説の撤退作戦<ダイナモ>を解説!『ダンケルク』は“本物”のスピットファイアを飛ばしたクリストファー・ノーラン入魂作
『ダンケルク』©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.■「我々は最後まで戦う」2022年3月、ロシアに軍事侵攻されているウクライナのゼレンスキー大統領は、ウクライナの決意と支援を訴えるリモート演説を日本や欧米各国の...
別窓で開く

元カナダ軍・ワリ狙撃手がウクライナに。"狙撃"について元米陸軍将校が解説
先日、元カナダ軍所属のワリ狙撃手が、ウクライナ義勇兵として戦地に入ったとの報道があった。今回はこの出来事について、アフガンで狙撃手として戦った経験のある、元米陸軍将校の飯柴智亮氏が解説する。* * *ベトナム戦争時代、ある1人の狙撃手が敵の一個大隊に対し、指揮官、無線手、機関銃手の順で狙撃した。...
別窓で開く

極悪テロリストVS世界選抜軍!『オペレーション・ローグ』は“志(こころざし)”を買いたいミリタリー映画
『オペレーション・ローグ 』(c) 2019 5150 Action Productions LLC. All Rights Reserved.■志(こころざし)の映画アメリカ・イギリス・フランス・ロシア・中国各国から集められた精鋭で編成された特殊部隊がイスラム・テロと戦う『オペレーション・ローグ』...
別窓で開く

台湾招待の「民主主義サミット」 一方、米が“重視”するベトナムを除外した意図は
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月25日放送)に二松学舎大学国際政治経済学部専任講師の合六強が出演。12月にアメリカで開催される「民主主義サミット」について解説した。...
別窓で開く

北朝鮮、日・米・欧に向かって「人権問題を批判?…国内の問題から解決せよ」と主張
北朝鮮が日本・米国・欧州の人権問題を批判し、「こうした国々が人権問題を問題視するのは不当だ」と主張した。北朝鮮の外務省は12日、「米国はアフガニスタン事態の責任から逃れられない」という批判文をホームページに掲載した。この中で「20年間、テロと戦うという名目でアフガンを占領し極度に荒廃化させ、人道主義...
別窓で開く

タリバンがあっさり政権を奪えた理由は「田舎の保守的な考え」とのマッチング
先日、茂木敏充外相はアフガニスタンからの出国を希望していた日本大使館や国際協力機構(JICA)のアフガン人職員と家族ら約140人が、カタールを経由して日本に退避すると発表。日本政府はアフガン人職員ら約500人の退避を目指しており、300人超が既にアフガンを脱出、そのうち168人が日本に入国した。...
別窓で開く


<前へ12次へ>