本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



デモ計画の学生ら入院=「食事に毒」か、タリバンは否定—アフガン
 【ニューデリー時事】アフガニスタンのカブール大の女子学生ら数十人が、寮で食事後に体調の異変を訴えて入院した。死者が出たとの情報もある。女子学生らはカブールの教育センターで起きた自爆テロに抗議するデモを計画しており、一部メディアは、デモを阻止するために何者かが食事に毒を盛った可能性があると報じている...
別窓で開く

存続危機のアフガン細密画 600年の伝統知って 兵庫で展覧会
 アフガニスタンで約600年続いてきた細密画の展覧会が30日から、兵庫県宝塚市南口2の市立国際・文化センターで開かれる。アフガンの人たちを30年近く支援してきた西垣敬子さん(87)=同市=が企画。「アフガン文化の豊かさに触れ、伝統文化の灯が消えかねないこの国のありように関心を持ってほしい」と訴える。...
別窓で開く

<1年前のワイドショー> 香取慎吾の予想・希望は実現した? パラリンピック開幕直前に語っていたコト
<1年前のワイドショー> 東京五輪・パラリンピック大会を巡る汚職事件で、今週17日(2022年8月)、組織委の元理事が逮捕されました。そのパラリンピックは、1年前(21年)の8月24日に始まりました。当時は運営側の汚職は知る由もなく、ワイドショーは困難な状況を乗り超えてきたパラアスリートたちの話題を...
別窓で開く

アルカイダ・ザワヒリ容疑者が殺害されても変わらないアフガニスタン 米軍撤退から間もなく1年
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が8月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。バイデン大統領が発表したアルカイダのザワヒリ容疑者殺害について解説した。アフガニスタン東部ジャララバードに入った反政府勢力タリバンの戦闘員ら。...
別窓で開く

米軍の虐殺行為を描く実録サスペンス『キル・チーム』 歪んだ集団心理に支配されたアフガン戦争の悪夢
『キル・チーム』© 2019 Nostromo Pictures SL/The Kill Team AIE/Nublar Production LLC. ALL RIGHTS RESERVED■軍隊という階級社会8月になると、さまざまな「終戦特集」が企画されます。...
別窓で開く

米軍VSタリバンの真実!『アウトポスト』 従軍経験を持つ監督が描く「誰が・どこで・何をして・どうなったか」
『アウトポスト』© OUTPOST PRODUCTIONS, INC 2020■50名 VS 300名の激戦2001年の「9・11テロ」を受け、アフガニスタンへ軍事進攻したアメリカですが、案の定(?)泥沼化。アフガンから駆逐したはずのイスラム原理主義勢力「タリバン」が復活してきたのです。...
別窓で開く

日本に暮らすクルド人少女の青春『マイスモールランド』が伝える難民・移民たちの現在
『マイスモールランド』©︎2022「マイスモールランド」製作委員会■日本しか知らない移民二世かねてより非人道的な処遇が横行していることが指摘されてきた日本の難民・移民政策。さらにパンデミックの影響で海外渡航が制限される中、ウクライナの戦禍から逃れてきた人々の受け入れに特例措置...
別窓で開く

ウクライナだけでなくアフガニスタンも 日本の難民受け入れの「不平等」解消への期待
ニッポン放送「飯田浩二のOK! Cozy up!」(3月25日放送)に外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が出演。日本の難民受け入れについて解説した。ポーランド南東部メディカで一時避難所行きのバスに乗るため長蛇の列を作る、ウクライナから逃れた避難民=2022年3月14日午後 写真提供:産経新聞社「差異...
別窓で開く

元カナダ軍・ワリ狙撃手がウクライナに。"狙撃"について元米陸軍将校が解説
先日、元カナダ軍所属のワリ狙撃手が、ウクライナ義勇兵として戦地に入ったとの報道があった。今回はこの出来事について、アフガンで狙撃手として戦った経験のある、元米陸軍将校の飯柴智亮氏が解説する。* * *ベトナム戦争時代、ある1人の狙撃手が敵の一個大隊に対し、指揮官、無線手、機関銃手の順で狙撃した。...
別窓で開く

『AK-47(カラシニコフ)』について語らないか? 水浸しOK、泥まみれOK、叩きつけても問題ナシ 伝説の名銃を徹底解剖
 今回紹介するのは、オスガ71さんが投稿した『【迷銃番外編】 名銃で撃て! AK-47 〜概要・歴史編〜』という動画。再生数は11万回超え、歴史カテゴリで過去最高1位を記録しました。 オスガさんが兵器・AK-47にまつわる知られざる歴史について解説を行います。投稿者をフォローして新着動画をチェック!...
別窓で開く