本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



1月27日から29日にかけての週末、北米のボックスオフィスでは、引き続き『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が首位をキープした。デビュー以来、譲らずに1位に居座り続けている。全世界興行収入は21億1,600万ドルで、歴代4位。次の目標は歴代3位のやはりジェームズ・キャメロンが監督した『タイタニック...
別窓で開く

『アバター:WoW』20.5億ドル突破で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』下し全世界歴代興収5位に浮上
現在公開中の『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、公開6週目にして世界興行収入20.5億ドルを突破し、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を下して歴代ランキング5位に浮上した。 Varietyによると、現地時間1月26日の時点で、世界興行収入20.54億ドルを記録し、20.52億ドルを記録...
別窓で開く

BE:FIRST LEOがアンバサダー務める『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』学割キャンペーン「マイ・ファースト・アバター」
BE:FIRST LEOジェームズ・キャメロン監督最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の2週間限定学生(※大学生・専門学生)割引キャンペーン「マイ・ファースト・アバター」が1月27日(金)より実施。アンバサダーにBE:FIRST LEOが就任した。...
別窓で開く

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』20億ドル突破! 勢い止まらず
現在公開中の『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、コロナ禍で初めて世界興行収入20億ドル(約2590億円)を突破した。歴代興行ランキング、トップ5圏内も視野に入ってきた。 Varietyによると、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は公開6週を迎えてもなお勢いが止まらず、この度ついに世界興行収...
別窓で開く

北米ボックスオフィス、『アバター2』が6週連続首位
1月20日から22日にかけての週末、北米ではまたもや『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が首位を獲得した。デビュー以来、6週連続の1位だ。全世界では、これ以降の続編製作を正当化するためにジェームズ・キャメロン自身が「最低限必要」としていた20億ドルを突破した。2位は『長ぐつをはいたネコと9つの命』...
別窓で開く

世代を超えて認知される『タイタニック』のすごさとは? 最近話題のエンタメ作品にも登場
今年のバレンタイン期間、2週間限定での劇場公開が決まった『タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』。...
別窓で開く

“知名度”抜群、2023年見逃せない超大作映画3選『タイタニック』『インディ・ジョーンズ』『ミッションイン・ポッシブル』
昨年、大ヒットしたトム・クルーズ主演の映画『トップガン  マーヴェリック』。それを上回るヒットとなっている公開中の映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』。昨年は、『ゴーストバスターズ/アフターライフ』があり、『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』もヒットした。これらに共通するのは、80年代、...
別窓で開く

14歳の少女を演じるシガーニー・ウィーバー、メイキング映像公開「これぞ真の演技」
昨年12月16日の世界同時公開から約5週間、今月19日時点で全世界興行収入19億2825万ドル(日本円で約2468億円、1ドル=128円換算※Box Office Mojo 調べ)をあげ、『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』を抜き、全世界歴代興行収入ランキング6位となった、ジェームズ・キャメロン...
別窓で開く

『アバター:WoW』全世界歴代興行収入6位に浮上 TOP5も圏内に
現在公開中の映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、1月19日時点で全世界興行収入19億2825万ドル(約2468億円)を稼ぎ、2021年12月15日に全米公開された『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』を抜き、全世界歴代興行収入ランキング6位に浮上した(※1月19日時点、Box Offic...
別窓で開く

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』神秘の星・パンドラ紹介映像
世界中はもとより日本国内でも動員数191万9665人、興行収入34億8848 万円(1月16日時点)と大ヒットしている映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』(公開中)より、ドラマチックな物語の舞台となる神秘の星・パンドラの魅力を、圧倒的な映像美で紹介する特別映像が公開された。...
別窓で開く



<前へ123456789次へ>