本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



NASA 宇宙船「スターライナー」打ち上げ試験でSNSバーチャルイベント開催
 日本時間の2022年5月20日に打ち上げが予定されている、ボーイングの宇宙船CST-100「スターライナー」の無人飛行試験で、NASAがSNSを活用したバーチャルイベントを開催します。 新型コロナウイルス禍により直接打ち上げの見学ができないため、FacebookやYouTubeなどを使い、みんなで...
別窓で開く

木星の小さな衛星エウロパに宇宙人が潜んでいる可能性か エウロパにて
アメリカ航空宇宙局(NASA)は2015年5月26日に、木星の衛星エウロパをめざして打ち上げる無人探査機の開発に着手したと発表した。木星ではなく、なぜ衛星のエウロパなのか。実は、このエウロパには生命が生息している可能性があると考えられているのだ。 エウロパはハッブル望遠鏡や木星探査機ガリレオなどによ...
別窓で開く

恐竜を絶滅させた小惑星の証拠が恐竜の化石や琥珀から発見される
太古の地球を闊歩していた恐竜。恐竜たちが絶滅した原因の一つに、巨大な隕石の落下に伴う気候変動があると考えられている。恐竜の絶滅の要因になったと考えられているのは、現在のメキシコのユカタン半島に小惑星チクシュルブが墜落したというものだ。しかしこの小惑星がどのような種類の物体で、何でできているのか特定で...
別窓で開く

「火星の生命」の証拠をつかむため イギリスが新たな宇宙研究所を建設
火星に住む宇宙人の証拠がイギリスの研究所で発見されるかもしれないと、イギリスのサン紙が報じている。 イギリス宇宙局は、火星で採取されたサンプルを分析することによって、火星に「エイリアン」が住んでいる証拠を見つけることをめざす新しい研究所を英国国内に建設するための資金を獲得したという。...
別窓で開く

ロシアのウクライナ侵攻、舞台は宇宙にまで広がっている?
2月24日、ロシアはウクライナに対する軍事侵攻を開始。ウクライナ各地で双方の軍による戦闘が続いている。                    26日には首都キエフをはじめ各地に攻撃が加えられ、28日に...
別窓で開く

人類はついに地球外の生命体を発見した!?国際宇宙ステーションで発見された新種の微生物
創作の世界ではエイリアンをはじめとする地球以外の宇宙生物が多く登場するが、現実では、下等な生物であっても発見されたことはほぼない。 しかし、宇宙に近い国際宇宙ステーションで採取されたサンプルから、これまで発見されていなかった菌類を発見し、分離に成功したという発表があった。 問題のサンプルは2015年...
別窓で開く

地球から約4000光年の距離に電波放射を繰り返す未知の天体を発見?あの超能力者も反応か
1月末、科学者たちは奇妙な天体を確認したと発表した。オーストラリア・カーティン大学の天体物理学者ナターシャ・ハーリー・ウォーカー博士によると、この天体はじょうぎ座の方向約4000光年の距離にある「GLEAM-X J162759.5-523504.3」。...
別窓で開く

直径1キロの小惑星 19日に地球最接近  衝突の可能性を含む地球近傍天体(NEO)とは
 アメリカ航空宇宙局(NASA)は11日、直径1000メートルの小惑星が日本時間19日午前6時51分に地球に最接近すると発表した。 ?>>世界中に拡大するトンデモ説「地球平面論」を信じる人々<<??? 問題の小惑星は、1994年に発見された「7482」。...
別窓で開く

 大昔、われわれの住む大地は平らであり、星が動くのは空の方が回っているからだと考えられていた。しかし現代では天文学の進歩や観測で否定され、今われわれが立っているのは地球という丸い天体の上であることは常識となっている。...
別窓で開く

本物か、それとも偽物か 論争を巻き起こした1950年に撮影されたマクミンビルのUFO写真
 有名なUFO写真はいくつか存在するが、1950年にアメリカ・オレゴン州にある農場で撮影された「空飛ぶ円盤」を捉えたとされる画像もその一つだ。 ?>>NASA、地球外生命体との遭遇に備えるために神父を雇用<<??? 1959年5月11日午後7時30分、オレゴン州マクミンビル近...
別窓で開く


<前へ12次へ>