本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ジャンボ・ジェット」半世紀の歴史に幕 「ボーイング747」最後の1機が完成 この後どうなるのか?
ついにこの時が…!最終号機はアトラス航空向け「N863GT」 1969年の初飛行以来、「ジャンボ・ジェット」の愛称で半世紀以上にもわたり製造され続けたボーイング747シリーズの歴史が幕を閉じました。シリーズ最終号機が完成したのです。日本時間2022年12月7日、来日した同社の民間航空機部門 マーケテ...
別窓で開く

半世紀続いた「ジャンボ・ジェット」ボーイング747の歴史、ついに“最終局面”へ 最終号機も製造佳境
ついにこのときが来てしまいそうです…。1968年にシリーズ初号機披露「ジャンボ・ジェット」の愛称で親しまれたものの、2020年に生産終了が発表された、ボーイングの超大型ジェット機「747」。半世紀以上続いたこのシリーズの歴史がもうすぐ幕引きを迎えそうです。...
別窓で開く

ボーイングの有人宇宙船「スターライナー」無人飛行試験から無事帰還
 ボーイングとNASAは2022年5月25日(現地時間)、ボーイングの有人宇宙船CST-100「スターライナー」が国際宇宙ステーションから無事地上に帰還したと発表しました。 今回は無人の飛行試験として打ち上げられましたが、次回以降の有人飛行に向けての機能確認が順調に行えたとしています。...
別窓で開く

「もう一度飛びたがってる!」 エンジンなし退役済のジャンボ機が”離陸”? その様子
理由はわかるものの、だとしても泣けます…!まるで”離陸”するときのよう 役目を終えた旅客機は、その後パーツを取り払われ”野ざらし”で保管されることは決して珍しいことではありません。このようななか、1機の飛行機が偶然起こした挙動が、SNS上で映像で公開され、世界の一部航空ファンのあいだで話題となってい...
別窓で開く

ボーイングが振り返る「ジャンボジェット」最終タイプの歴史とは 「747-8F」納入100機到達!
やっぱりデカくて華がある!100機目はUPS航空へ アメリカの航空機メーカー、ボーイング社の公式Twitterが、「ジャンボジェット」の愛称を持つ、ボーイング747-8F(Fは貨物型を示す「フレイター」の略)貨物機の100機目を、アメリカの貨物航空会社であるUPS航空へ納入したと、2021年10月に...
別窓で開く

まだ終わってないぞ「ジャンボジェット」! アトラス航空 ボーイング747-8Fを4機購入
2022年をもって生産終了となる「ジャンボ」ですが…。1560機が製造された「ジャンボ」 アメリカの航空機メーカーのボーイングは現地時間2021年1月11日(月)、同じくアメリカに拠点を置く貨物航空会社、アトラス航空がボーイング747-8F型機を4機購入すると発表しました。...
別窓で開く

アマゾン自社保有貨物機を初導入 デルタ航空などから11機のボーイング767-300を調達
 ネット通販大手のアマゾン(Amazon)は2021年1月5日(現地時間)、初の自社保有機としてボーイング767-300をデルタ航空から7機、カナダのウエストジェット航空から4機、合計11機を調達し、2021年から2022年にかけて投入すると発表しました。これでアマゾン・エアの貨物機は、70機を超え...
別窓で開く


<前へ1次へ>